教職員から |  2011/03/10


総合文化学科の酒寄進一先生が、
3月13日からドイツのベルリン、ライプチヒで行われる国際翻訳者ワークショップ
「鳩がはばたく。ドイツ文学の現在」Tauben fliegen auf. Deutsche Literatur aktuell
に招待されました。

酒寄先生から次のようなメッセージが届きましたので、ご紹介します。
----------------------------------------------

国際翻訳者ワークショップ「鳩がはばたく。ドイツ文学の現在」
Tauben fliegen auf. Deutsche Literatur aktuellに正式招待されました。

招待者は25言語、30カ国から33人。
まる一週間生活をともにし、現地で作家や編集者とセッションし、
文学の翻訳に関するさまざまな問題を討議することになっています。
招待者は今後、ドイツ各地にある翻訳者・作家専用の長期滞在施設も利用可能になるので、
ドイツ文学の紹介の密度をよりいっそう濃いものにしていけるのではないか
と期待しています。

ドイツ語ですが、こちらがワークショップの告知ホームページになります。
http://www.lcb.de/uebersetzer/werkstatt-international/uebersetzertreffen2011.htm

総合文化学科 酒寄 進一


----------------------------------------------

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ