授業風景 |  2017/07/20

総合文化学科「フィールドワークの実践1」(担当:長尾洋子先生)では「歩く、見つける、掘り下げる、伝える」をキーワードに、文化や社会を調べる方法としてのフィールドワークの基礎を学んでいます。新学期以来、自分の生活圏の“探検”、若者や市民も愉しめるようなツアーの企画などに取り組んできました。秋のツアー実施に向けて魅力的な企画を練り上げるためには「コンセプトを形にする」ことが大事です。

そこで、町田・相模原周辺に個性あふれるカフェやレストランを多数展開している株式会社キープ・ウィルダイニングの代表取締役社長・保志真人氏をお招きし、7月11日(火)に特別講義をしていただきました。
題して「サガマチの魅力をカタチにする―その軌跡と挑戦」。
エネルギッシュな講義にすべての受講生が魅了されてしまいました!

続きを読む

授業風景 |  2016/07/18

「みんなちがって、みんないい」、みんなに親しまれている金子みすゞの詩は、実は半世紀以上、埋もれていました。みすゞの手帳にあった詩を蘇えらせた縁の下の力持ちが、JULA出版局、そこで営業、編集を担当している柴崎大輔さん(93L)が、みすゞ再発見のプロセスを7 月12 日(火)の加藤三由紀ゼミで語ってくれました。

続きを読む

授業風景 |  2015/02/02

経営学科の平井宏典先生が担当している講義「産学連携実践論」では、大学と企業が協働することで、本物のビジネスを通して経営学を体験的に学ぶ取組みを続けています。
総合文化学科3年 木村律和子さん(12T)から、2014年度後期プロジェクトの情報が届きましたのでご紹介します。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7
最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ