学生たちの活躍 |  2007/10/16


人間発達学科4年生の吉沢祐輔君が、日本代表に加わっている電動車椅子サッカー(国際呼称:パワーチェアーフットボール)のワールドカップが13日全日程を終了しました。予選リーグを4勝2敗で勝ち抜いた日本代表は、準決勝でフランスと対戦、惜しくも0対1で破れました。3位決定戦では、ベルギーと対戦、1対1のあと、延長戦も決着がつかず(0-0)勝敗はPK戦へ。結果は4対5で競り負けました。決勝は、アメリカ対フランス。1対1で延長戦も0体0、これまた勝敗はPK戦に。結果は、6対5で、アメリカが初代ワールドカップをつかみました。

最後まで、勝敗の行方がわからない熱戦が続いた本大会も14日の表彰パーティを最後に終了しました。吉沢君、日本代表のみなさん!お疲れ様でした。

この大会の模様が次の番組でも紹介されます。
10月20日(土)20:00~21:00 東京MXTV
10月24日(水)20:00~20:30 NHK教育「福祉ネットワーク」
また、吉沢君は10月27日・28日に開催される第13回日本電動車椅子サッカー選手権大会(会場:大阪府アミティ舞洲)に出場されるとのことです。

最近の記事
月間アーカイブ
このページの先頭へ