Merry Zome of Satsuki-Lab.

satsuki-Lab.icon.bmpHomepage of Satasuki Ohashi Laboratory


hp_mz_top.jpg

Merry Zome(メリーゾム) とは…?

和光大学Dance Performance Project Merry Zome
        (ダンスパフォーマンスプロジェクト メリーゾム)

 和光大学身体環境共生学科大橋さつき研究室を母体として、
在校生や卒業生を中心に様々なパフォーマンスを発表している。
 団体名は、Merry(陽気な、快活な、活発な、浮かれている様子)と
Zome(アメリカで作られた創造力を養う多面体の教具ZomeToolより、自由な創造力、色とりどりの個性、繋がりの無限性の意味で一部引用)とを組み合わせた造語。
 2004年6月、「MerryZome001」をグリーンホール相模大野多目的ホールにて開催後、身体表現に、映像、音楽、造形美術など様々な表現要素を絡め、それらの繋がりを広げる挑戦を続け、新しい発想と若さ溢れる舞台を繰り広げている。
 約60名の出演者による群舞作品を中心としたMZ00∞「棘(おどろ)の紡ぎ」(2008年3月、川崎市アートセンターアルテリオ小劇場)、コンクール受賞作品の再演を含MZ009「花」(2009年2月、相模原南市民ホール)を上演。「川崎・しんゆり芸術祭2009」に招待を受け、10公演目となる「MerryZome010 旅にでちゃった」(2009年5月、川崎市アートセンターアルテリオ小劇場)を企画。 即興的なかかわりや観客参加型のシーンなどを含め、様々な個性が共に場を創る新しい試みに挑戦し、さらに、さがまちコンソーシアム学生講師企画として、市民参加型のワークショップの企画と連携した舞台として「MerryZome011『風』」を上演し、好評を得た。 2012年2月には、東日本大震災を受け「あそびのちからはいのちのちから」と題したシンポジウムと同時開催で、「MerryZome013『死滅回遊』」を発表した(2012年2月、川崎市アートセンターアルテリオ小劇場)。
 最近では、コンクール受賞作品「訣別」の再演を含む「MerryZome015『光-それぞれのみちへ-』」(2017年3月、相模原南市民ホール)や学生と卒業生のコラボレーションによる「MerryZome016『獣に食べられて死にたい』」(2018年9月、和光大学ダンス演習室)を上演した。


mz_logo.gif






ページの先頭へ

過去の公演アーカイブ
MZ001~006

mz001_poster.jpgmz002_poster.jpgmz003_poster.jpgmz004_poster.jpgmz005_poster.jpg006dm].jpg

過去の公演アーカイブ
MZ007~012

mz007_poster.jpgmz008_poster.jpgmz009_poster.jpgMZ010-2.jpgimg014.jpgMZ012.jpg

過去の公演アーカイブ
MZ013~MZ017

downloadInlineDirect.jpgMZ014.jpgMZ015チラシ表.jpgMZ016_omote.jpgMZ017チラシ表.jpg

ページの先頭へ