ムーブメント教育・療法@和光

satsuki-Lab.icon.bmpHomepage of Stasuki Ohashi Laboratory

hp_mov_top.jpg

ムーブメント教育・療法とは…?

 「ムーブメント教育・療法」は、アメリカの著名な知覚-運動学習理論家である、マリアンヌ・フロスティッグ博士 (Frostig.M)が、長年にわたる研究と実践を集大成し、1970年に著書を公にし、体系化を行ったものです。 
 日本では、NPO法人日本ムーブメント教育・療法協会会長の小林芳文博士によって、1977年に日本に初めて紹介されて以来、全国の保育園・幼稚園・ 小学校・中学校・特別支援学校などの教育機関だけでなく、重症心身障害児(者)施設、 独立行政法人国立病院機構をはじめ医療機関、地方自治体でのニューリハビリテーションとしても広く応用されています。

 ムーブメント教育・療法は、対象者の自主性、自発性を尊重し、「動きたくなる環境」の中で、「からだ(動くこと)-あたま(考えること)-こころ(感じること)」の調和のとれた発達を図ります。訓練ではなく、楽しみながら体を動かすことで、運動機能、感覚機能を発達させていく方法で、音楽を使ったり、遊具を使ったり、様々な工夫が重ねられています。最近では、参加する誰もが互いを尊重し、喜びと充実感を共有できる場づくりを目指す考え方に、新たな注目が集まり、さらなる広がりを見せています。

 和光大学では、人間科学科(身体環境共生学科)のカリキュラムを中心に、「ムーブメント教育・療法」について、専門的に学ぶことができます。「親子で遊ぼう!和光ムーブメント教室」では、和光大学生の参加により、ダンスやドラマの要素を活用したクリエイティブなプログラムが展開されており、地域の方々と一緒にムーブメント教育・療法の意義と具体的な方法論が研究されています。 

「創造的身体表現遊び」へと発展中・・・

 さらに、和光大学大橋研究室では、このような「ムーブメント教育・療法」の実践を基盤として、ダンスや身体表現の要素を強化し、共に創る活動を重視した「創造的身体表現遊び」(Creative Movement & Dance ) のプログラムを展開中です。
 最近の取り組みには、 「遊んで創る、舞台でも遊ぶ」を合い言葉にした心音(こころね)プロジェクトがあります。



写真6.JPG

m_top_031.jpg

mov08.png






 実践の様子

2-2Cbim1.jpg
7 kabu1.JPG
DSCF1332.JPG
DSC00042.JPG
8 kabu2.JPG
42 ta2.JPG
DSCN8967.JPG
m_top_011.jpg
26 teru5.JPG
36 mizu2.JPG
46 hikari6.jpg
shine9.jpg
IMG_6852.JPG
tizu6.JPG
shine7.jpg
shine11.jpg

ページの先頭へ