ボノボ・プロジェクト
 
愛と平和の類人猿 ボノボ(ピグミーチンパンジー)
 Bonobo Project supported by Wako Univ Student Research Fund


ビーリア(ボノボ)保護支援会へのリンクはこちら


●はじめに (=メールマガジン見本誌を兼ねる)

みなさんは「ボノボ」という言葉を聞いたことがありますか?言葉を使うサルをして知られている「カンジ君」は世界で最も有名なボノボを言えるでしょう。知能が高く、多様な性行動でコミュニケションを取り、暴力を回避し決して同種を殺し合うことのない平和で穏やかなサルです。現在、野生のボノボはアフリカ大陸中央のコンゴ民主共和国にのみ生息しています。しかし、私たち人間による食用やペットにするための密猟より急激にその個体数は減少し、今や絶滅の危機にさらされています。その上、現在コンゴ民主共和国は内戦により非常に危険な状態にあり研究や保護活動ができない状況にあります。私たちは、人間に最も近い類人猿と言われているボノボを早急に救う必要があります。そこで、このプロジェクトでは、ボノボをよく知り、ボノボの保護活動をすることを目的としています。メールマガジン 「セックスと平和の使者ボノボ」では、ボノボの生態や紛争の転換の仕方、家族生活や性生活などの話題を週1回程度の割合で配信していきます。読者のみなさんも、是非、この私たちの隣人を愛し、保護活動に関心をもってみませんか?


「愛と平和のボノボ」 メールマガジンバックナンバーはこちら

1 「ボノボ」という言葉を聞いたことがありますか? 2 ボノボってどこに住んでいるの? 3 ボノボはどんな姿をしているのでしょうか? 4 ボノボの叫びが聞こえますか? 5 ボノボを救おう! 6 戦うのではなく愛し合おう 7 ホカホカ 8 オスの攻撃性はどこへ 9 ボノボ的性教育 10 セックスの神様 などなど


■メールマガジン 「セックスと平和の使者ボノボ」

 Sexで暴力を回避する平和なサル“ボノボ”。人間に最も近い類人猿と言われるボノボが、今絶滅の危機にさらされている。そんな私たちの愛すべき隣人を知って、保護するための日本初の週刊メールマガジン “セックスと平和の使者ボノボ”!

※メールマガジン登録はこちら↓※ 「セックスと平和の使者ボノボ」 (2001年8月13日より登録開始) 11/20現在、10号まで発行しています。 バックナンバーのページは上の各項目をクリックしてください

電子メールアドレス(半角):

※メールマガジン解除はこちら↓

電子メールアドレス:

Powered by まぐまぐ


●プロジェクトの目的
(1)ボノボの平和なライフスタイルを広める
(2)絶滅しそうなボノボの保護に取り組む


●プロジェクトの方法

(1)メールマガジン 「セックスと平和の使者ボノボ」によるボノボの紹介

 Sexで暴力を回避する平和なサル“ボノボ”。人間に最も近い類人猿と言われるボノボが、今絶滅の危機にさらされている。そんな私たちの愛すべき隣人を知って、保護するための日本初のメルマガ “セックスと平和の使者ボノボ”!

(2)ボノボのホームページの作成と公開

 このページは日本で2番目のbonoboのウェッブサイトです。一番初めは京大霊長類研究所のbonoboのページです。

(3)日本におけるボノボ保護活動

 海外での取り組みに学び、日本での保護運動をおこなうべく準備中です。


●ボノボの解説・写真  京大霊長類研究所 サンディエゴ動物園 Lukuru Wildlife Research Project 徹子の部屋2001/5/30:加納隆至氏 ジョージア州立大学言語研究所 ワシントン大カルビン教授 


ボノボの本・文献  (他に  京大霊長類研究所の文献リスト Bonobo Sex and Society  竹下秀子 「心とことばの初期発達」  )


保護運動 SAGA(アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い)(日本と世界) The Bonobo Conservation Initiative(米国)   TBSの21世紀プロジェクト「セイブザグレイトエイプス」(日本)  


●おまけ  伊藤先生がボノボに変身

Ito & Bonobo

vistors since Sep 2, 2001

FastCounter by bCentral

Back to Ito's Room at Wako University

(C)2001 Akiko Kamoshida & Takehiko Ito
Created on Aug. 6 (Hiroshima Day), 2001
Mailmagazine introduction on Aug 8, 2001
Last modifed on Feb. 4, 2002