学部・大学院

異質力で、輝く。和光大学

インターンシップ

タクシーが行けない場所に、地域サービスを


インターンシップは、企業や自治体、NPO、NGOなどで実際に働く、社会体験学習です。クルマが入っていけない狭い路地でも入っていけるコンパクトな自転車タクシーの事業を立案し、運営。高齢化社会の地域密着サービスに参加しています。


*このほかにも、企業での実務体験をもとに、学生たちが卒業後、「宅配園芸サービス」を起業。インターンシップでの経験を活かし、自分たちの「緑のビジネスアイデア」を実践しています。


学内活動環境

梅根記念図書・情報館


和洋書54万冊。データベース、AVライブラリー、学生が自由に使えるパソコンが並んだメディアサロン。そして入口には彫像や思想家ルソーのレリーフがあったり、さながらミュージアム。新旧教員の著作はもちろん、卒業生の著作も多数あります。和光大学出身者のユニークさに驚かされるはずです。また、共同研究室、研究個室に加え、ディスカッションをしながら調べものを進めることができるリサーチスペース、飲食ができるイートインスペースなど、滞在できる多様な空間が用意されています。




作品展示スペースもある体育館、パレストラ


「パレストラ」は、古代ギリシャ・ローマにあった「体育と哲学などの教育場を兼ね備えた施設」から名づけられました。メインアリーナをはじめ、本格的なマシーンがそろうトレーニング・ルーム、音響設備のあるダンス室、クライミングウォールなど、充実した設備が整っています。エントランスには、美術作品展示スペースがあり、企画展やゼミ展などが行われています。



大学に隣接する、岡上和光山


大学に隣接する岡上和光山は、川崎市の「緑の保全地域」に指定されています。和光大学が授業やサークル活動を通じて取り組んでいる環境保全を実践する場になっています。



事例紹介

このページの先頭へ