ホーム » 学科イベント » 卒論・卒製題目(3月) » 2010年度卒業論文・製作タイトル一覧

2010年度卒業論文・製作タイトル一覧

総合文化学科の学生は、各自の学問的興味に応じて3年次からゼミナールに所属します。そして、ゼミで2年間学びを深め、集大成として、4年次に卒業論文(あるいは卒業制作)を提出します。学生の興味の多様性を反映し、毎年様々なテーマの卒業論文が提出されています。以下に2010年度の卒業論文・卒業制作のタイトルをご紹介します。十人十色のテーマ設定に驚かれることでしょう!(注:<制>の印があるものは卒業制作のタイトルです。)

【浅見克彦ゼミ】
異性装とアイデンティティ 音、音楽によって解放されるなにか 黒人音楽の内奥に眠るもの
若者言葉を考える SF映画におけるAIの人間性 恋愛と依存
刺青について 音楽的嗜好 音楽の力
音楽とアートワーク まなざしをめぐる問題 子供の文化とアイデンティティ
龍の境界性
【天野みどりゼミ】
言語習得方法の研究 婉曲的な言語表現 日本語の話しことばにおける間について
「新語」と「廃語」の研究 現代日本語の表記法の考察 テキストにおける助詞の表現効果について
新敬語-アルバイト語について 若者言葉におけるアクセントの平板化現象 現代日本語における繰り返しの研究
日本語の会話の構造 ケータイによるコミュニケーションパターンへの影響 日本語の方言の変化に関する考察
「大喜利」におけることば遊び
【上野俊哉ゼミ】
アニメ『ゼーガペイン』より見る仮想劇場及び自我と痛み 機械と人間の文学-フィリップ・K・ディックと神林長平の比較を中心に 洪水神話のもたらした事
【遠藤朋之ゼミ】
ロマンティック・ラヴの破壊-アン・セックストンの握る「金の鍵」 呼吸するギンズバーグと呼応するアメリカ E. E. Cummingsのタイポグラフィーについて
Emily Dickinsonの詩と自己
【加藤三由紀ゼミ】
フリーターの日中比較研究 外来語にみる中国文化
【小関和弘ゼミ】
戦間期とラジオ-日本に於けるラジオ放送開始とその影響力 連続と非連続の彼方 寄せ場と現代社会
高村光太郎・智恵子の<世界> 劇場メディアのゼロ年代 人は音を楽しんできたか
ポップ文学文体論-概括文とその余韻効果がもたらす文章の美しさ
【今野弘章ゼミ】
WH句の移動について
【坂井弘紀ゼミ】
シルクロードとオアシス都市 東大寺にみる中央アジアの影響 アラブ音楽と人
女帝ロシア ジャイナ教の特徴 ハーフェズについての考察
クシャーン朝に関する一考察
【酒寄進一ゼミ】
モルゲンシュテルン研究
【佐治俊彦ゼミ】
魯迅の阿Q正伝論 魯迅の評論 魯迅と女性
【佐野誠子ゼミ】
諸葛孔明像の変遷
【塩崎文雄ゼミ】
犬のいる風景 安部公房の都市 刺青と文学
釣りの思想 三国志を読む 『読むこと』の愉しみ
戦前戦後の国語科教材から日本の教育をみる
【高橋巖ゼミ】
『痴人の愛』におけるエロティシズムと愛のかたち 北川悦吏子を通して見るラブストーリー研究 映画とその原作の相異

人間関係と成長の考察<制>

森と少女の関係性 十九歳の地図<制>
ろう児が求む手話映画<制>
【千田誠二ゼミ】
外国語映画の日本人 日本人とアメリカ人のドラマに対するニーズの違い 日米の小学校教育からみる異文化比較
日米の漫画から読みとる文化比較
【津田博幸ゼミ】
かぐや姫の昇天 こわい女と醜い女-古代文学を中心に 平安貴族社会の「正妻」について
表現としての藤壺
【長尾洋子ゼミ】
マリリン・マンソンの世界観 銀座的なるものとオシャレの自意識 平成仮面ライダーの歩み
手塚治虫『奇子』論 大衆音楽の細分化 standing ovation!<制>
【永澤峻ゼミ】
彼岸から望む現在 方言の多様性 鳴子と衣装-よさこい文化
絵本<制> シェイクスピア劇と絵画 イギリスの妖精について
ウォーターハウス論 童話から何を学ぶか
【中田崇ゼミ】
シェイクスピア作品における道化
【深沢眞二ゼミ】
言葉の歴史的変化の中の現代日本語 芭蕉とその時代 御伽草子の語る世界観
百鬼夜行絵巻について 身分と性別の恋愛史
【松枝到ゼミ(松枝先生は2011年度より表現学部芸術学科所属)】
芸術スポーツにおける競技の必要性-ソングリーディング競技を事例として オタク文化について 公園論
球<制> フランスの装飾美術の広がりについて 言葉と音楽と写真<制>
消えゆく日本の文化<制> 自分の中の音楽<制>
【松村一男ゼミ】
中世八幡神信仰 お菓子文化の系譜-なぜ菓子は生まれたのか 魔女について
死について 都市伝説をめぐる小説の作成<制> 伊勢神宮
わたしの犬種図鑑<制> 葬礼の文化 星座と神話
神話・信仰・宗教 色彩に見る文化 コーヒーの世界
【宮崎かすみゼミ】
ケストナーの主人公たち 漫画のジェンダー分析 物語とジェンダー
魔女と宿命の女《ファム・ファタル》におけるジェンダー RENTから見るアメリカの社会 アイドル文化からみる韓国社会
【山本ひろ子ゼミ】
宮本武蔵の『五輪書』における考察 諏訪における信仰の古代と中世へのつながり 石体としてのミシャクジと石の習俗

ページ先頭へ戻る