ホーム » 学科イベント » プロゼミ(4月) » 2012年度プロゼミオリエンテーション

2012年度プロゼミオリエンテーション

 入学登録を済ませた後、いよいよ実際の大学生活が始まります。その幕開けは大学生入門「プロゼミ」のオリエンテーションから。

入学式の時にはまだチラホラだったサクラも随分と咲きました。

 新入生はプロゼミのクラス毎に分かれ、担任の教員、クラスのメンバーと初めて顔を合わせます。緊張しながらも皆で自己紹介。それぞれのメンバーの意外な一面を垣間見ることができます。

 大学では時間割は全て自分で組みます。他学部、他学科の科目も卒業の単位として認める「講義バイキング」を売りにする和光大学の新入生にとっては、自分の時間割を決めるのが最初の関門です。自由に伴う責任は大きいのだ(笑)!オリエンテーションでは、担任のアドバイスも受けながら、時間割の作り方を学びます。さらに、今年度からは、上級生有志も新入生の時間割作成を手伝ってくれています。

この授業も取りたいし、あの授業も取りたい。でも、時間割が重なっている、どうしよう!なんて「悲鳴」があちこちから上がります。嗚呼、この授業、取るべきか取らざるべきか、それが問題だ。

 プロゼミオリエンテーションでは、いくつかのクラス合同で図書・情報館のガイダンスも受けます。大学図書館の使い方、学内のパソコンへのログインの仕方、パソコンでの蔵書の検索方法などなど、大学が提供するサービスを有効活用するためのノウハウを学びます。

支給されたIDとパスワードを入力し、大学の電子メールサービスを使う練習もあります。

特に、図書館を上手に活用できるかどうかは、大学の学びを充実させる上でも重要です。実際に図書館を利用する経験を重ねることで、コツが分かってくるでしょう。

 プロゼミは、レポートの書き方など大学生としての基本を学ぶ場ですが、新入生が快適な大学生活を送ることができるようサポートする場でもあります。これからの大学生活で分からないことや不安なことがあったら、遠慮せずに担任の教員にどんどん相談して下さい。もちろん、面白かったこと、興味を持ったことの報告も大歓迎ですよ。

ページ先頭へ戻る