ホーム » 学科イベント » 卒論・卒製報告会(2月) » 2010年度卒論・卒制・フィールドワーク報告会

2010年度卒論・卒制・フィールドワーク報告会

日時:2011年2月15日(火)   午後1時〜午後4時
会場:和光大学 E棟1階「コンベンション・ホール」

初めての卒業生を送り出す「総合文化学科」では、今年度の「卒業研究(卒論/卒制)」と、学科の学修の軸としているフィールドワーク(FW)及び関連する 授業実践についての報告会を開催します(発表内容・報告者は下欄の通り)。総合文化学科生はもちろん、ほかの学科の学生、教職員の参加も歓迎します。 

これから卒業研究に向かう3年生以下の総合文化学科学生にとっては今後の方向性をつかむ参考となり、同期の総合文化学科4年生にとっては自分の論文・制作 を捉え返すきっかけとなる優れた「卒業論文」、「卒業制作」についての発表と、長い準備と初対面の人たちとの折衝や交流、調査結果のまとめ等を含め、多角 的な学びの機会となってきたフィールドワーク実践やメディア制作に関する報告を聞く機会です。

すぐれた報告を聞くことは自分の「方法」「視点」「計画」「実行力」などなど、研究や学習に関わるさまざまな要素の再点検の契機になるはずです。

発表者(グループ)&内容:【発表順】

大竹明香さん(卒論)「表現としての藤壷」
〜光源氏が恋い慕った藤壷とはどんな女性として描かれていただろう?〜
逸原彩さん(卒論)「高村光太郎・智恵子の〈世界〉」
〜光太郎、ピカソ、ダリ、アラーキー。妻を商品化した芸術家たちの違いは何か?〜
渡辺美里さん「雑誌メディア研究」(担当教員:木村重樹先生) 
~雑誌メディアをめぐる冊子制作と、その現物紹介~
山本ひろ子先生研究室「諏訪フィールドワーク報告」
〜6年に一度の春の御柱祭に、30人の学生が熱狂し、10月は、現地講師と一緒に聖跡巡りして夜はパーティ。濃密なFWのあらましを紹介〜
  (休憩:10分)
今井美香さん(卒制)「ろう児のためのドキュメンタリー」
〜ろう文化を見すえるドキュメンタリー映像の上映と制作報告〜
山西未沙さん(卒論)「方言の多様性」
〜和歌山で「とても」を調べたら、とても面白いことが分かった!〜
山田りりかさん(卒論)「色彩に見る文化」
〜どうして結婚式やお葬式には「白」や「黒」を着るのだろう?〜
風間美香さん(卒制)「紙製実物大自転車」
〜ほとんど、神業。見てびっくり! 見た人の方が走り出す!〜

なお、「報告会」終了後、総合文化学科主催の「卒業前や! 祝賀パーティ」を開きます。

ページ先頭へ戻る