ホーム » 卒業後の進路 » 卒業生紹介 » 張ヶ谷瑞絵(2005年度文学科卒)

張ヶ谷瑞絵(2005年度文学科卒)

人に出会う中での発見・学び

私の現在の仕事は「営業」です。「営業」と一言で言っても、かなり範囲の広い仕事を任されます。基本は催事企画、取り引き先との商談兼挨拶回り、販売に加えてパンフレットやチラシの製作、事務作業、本当に幅広く携わっております。

この仕事のおもしろいところは、やはり様々な業務を浅くではありますが経験できること。そして何より、お客様から会社の仲間、取り引き先で出会う方々な ど、数多くの人に出会えることだと思います。仕事を通して初めてわかる発見、新しい知識を得る喜びは和光大学の4年間で得た感覚に似ているものがありま す。

 今振り返ると、和光での学生生活は人に出会う中での発見・学びが数多くありました。自らの力だけで知識を深めるのではなく、様々な意見が飛び交い広がる 中で私の考えも磨かれてくる。人の数が増えればそれだけ違う意見も出てくる。さらにその新しい意見に対しての反論、疑問。毎日触れる多くの人々によって、 私自身は模索し、考えが生まれ、またそれが間違いだと気づく。その日々の変化は苦しくても楽しくても学生生活を生き生きとさせてくれたのでした。

 また、先生と学生の関係が確立する中で、共に学び研究する仲間として意見交換が出来ることも魅力でした。まだまだ子どもだと甘えていた私にとって、一人 の大人として、年代を越えて意見交換ができる新鮮な喜びを始めて感じました。社会に出る第一歩として必要な意識改革、なくてはならない貴重な体験でした。

張ヶ谷瑞絵(銀座山形屋トレーディング勤務)

ページ先頭へ戻る