ホーム » 教員になろう » 卒業生教師の声 » 国吉真美(在韓国・日本語学校教員)

教員になろう

国吉真美(在韓国・日本語学校教員)

私が日本語教員を目指したきっかけは、もともと外国語や言葉が好きで、日本語教師は言葉と常に関わる仕事なのでこの仕事が自分に向いていると思い、職業と して選びました。また、大学4年生の時、韓国に滞在する機会があり、韓国と日本の言葉や文化に共通点が多いことに興味を持ち、日本語学習者の多い韓国や中 国での日本語教育に係わりたいと思うようになりました。

 「外国語としての日本語」の勉強を始めたのは大学に入ってからでした。在学中は、日本語学、文法、古典など幅広い範囲に渡って日本語の成り立ちを学びま した。日本語学の講義の中で、韓国の学生との交流やフィールドワークがあり、実際の交流を通して日韓の違いや、共通点などを知ることができ、興味深い経験 をさせてもらいました。和光には留学生も多いので、日本語学習者と交流する機会に恵まれています。とはいえ、当時は日本語の基礎知識の勉強ばかりしていた ので、頭でしか理解していないことが多かったですが、教壇に立つようになりその知識が生かされてきています。

 私は海外での勤務を希望していたので、そのために現地の言葉を少しでも理解できるよう努力しました。教える際には日本語しか使いませんが、勤務地の言葉 がわかると、他の先生方とのコミュニケーションもとれ、学生のミスも理解しやすくなります。あとは、自分の中の教師理想像や海外で働きたい理由など、質問 されてもすぐ答えられるよう日々自分に問いかけていました。求人が出る日本語教師専門のインターネットサイトにも常に目を通していました。これまで中国、 韓国の二カ国で日本語教師をしましたが、どの国も日本語学習者が多く、それだけネイティブ教師も求められているので、就職はそれほど難しくはありませんで した。(ただ韓国は大学を卒業していないと日本語教師になれません。)

 海外での日本語クラスは、初級文法は韓国人教師が母語で教え、初中級の学生から日本人教師が日本語で会話クラスを担当することが多いです。学生は一ヶ月 単位で変わるので、多くの方々と出会うことができます。その月によって、クラスの雰囲気も異なります。日本語教師をしていて一番やりがいを感じる瞬間は、 クラスに一体感が出て、日本語での発言が活発になった時です。もちろん文法的なミスもなく話せたらそれに超したことはありませんが、それぞれの個性が授業 の中で生き、日本語という言語を使って、人と人との交流ができた時は、参加している私自身も楽しいです。苦労といえば、クラスの雰囲気作りです。語学の習 得は一見、面白く輝いて見えますが、実際は単純作業です。日々、新しい単語や文法を覚えないと上達しません。教える時にどうやったら学生に興味を持って授 業に参加してもらえるか。これは私の永遠の悩みであり、課題です。

 後輩の皆さんにはぜひ伝えたいのは、大学でしか出来ないことがたくさんあるということです。それは、基礎知識を固め、じっくり何かを研究したり、学んだ りすることです。実際に働き始めると、自由な時間が限られてしまいます。皆さんにはたくさん時間がありますから、自分の興味のあることに取り組み、思いっ きり楽しんでください。それは日本語教師だけではなく、どの職業に就くにしても大いに役立つと思います。

ページ先頭へ戻る