ホーム » 教員になろう » 日本語教員養成プログラム

教員になろう

日本語教員養成プログラム

 総合文化学科には、日本語・英語・中国語関係の言語研修プログラムがあります。このプログラムのうち、日本語関係の言語研修プログラムが「日本語教員養 成プログラム」です。これは、外国人に日本語を教える日本語教師の資質を養うものとして設置されています。  日本文化が学びたいとか日本を相手に仕事したいとか、今や様々な理由で日本語の学習を希望する外国人は世界中にいます。そんな人たちに、私たち母語話者 にとって当たり前の存在の日本語を教えるのは、実はとても難しいことなのです。何から教えればよいのか、どのようなことに気をつけなければならないのか。 そんな資質を身につけるためには、日本語教授法はもちろん、日本語学、言語学、異文化理解、日本の社会や文化・歴史についての深い知識などが必要です。も ちろん、これらの授業科目は総合文化学科で展開されています。  総合文化学科の「日本文化・文学コース」にある授業科目を中心に所定の単位を取得すると、「日本語教員養成プログラム修了証」が授与されます。この修了 証は、日本語教師はもちろん、広く世界に貢献する仕事をしたいと考えている学生にとって、将来へと可能性をつなげる1つの証明書の役割を果たすはずです。 実際に、既にたくさんの卒業生が世界各地で活躍しています。「日本語教員養成プログラム」が、和光大学での学修を充実したものとする、1つの手段になれば と願っています。

ページ先頭へ戻る