ホーム » 教員になろう » 中国語の教員になるために

教員になろう

中国語の教員になるために

中国語の教員になるためには、中国語学、中国文学、中国語コミュニケーション、異文化理解の4つの分野を学びます。中国語学では、ことばの仕組みを理論的 に学ぶ科目「中国語学序論」、中国文学では、中国古典文学から現代文学まで、幅広い知識を身につける「中国文学序論」、中国語コミュニケーションでは、実 践的な中国語力をみがく「中国語で語る」「中国語文章表現」、異文化理解では、「日中比較文化論」が必修科目です。中国語の教員免許が取得できる大学は今 でも多くありませんが、和光大学ではすでに30年以上の実績があり、関連する科目も充実しています。  中国語は一部の高校でおもに選択科目の形で教えられています。中国語だけの免許状では、専任教員にはなりにくいのが実情です。和光大学総合文化学科で は、中国語と同時に、国語または英語の教員免許を取得することを勧めています。

ページ先頭へ戻る