ホーム » 教員になろう » 英語教職免許を取るために

教員になろう

英語教職免許を取るために

英語教職免許を取るためには、英語学、英米文学、英語コミュニケーション、異文化理解の各分野の科目を所定の単位分取得する必要があります。必修以外の科 目に関しては、自分の英語についての関心や学力に見合うものを選択しましょう。例えば、単語の語源について知りたかったら「英語の歴史」を取ったり、発音 を向上させたかったら「音声学」を取るなどです。

 自分自身ではどういう勉強が必要かというと、まず当面教育実習という目標があることから確認しなければなりません。そこでは英語を聞く・話す力が求めら れます。授業を英語で(簡単でよいので)進めることによって生徒も英語に興味を持つようになります。また、もちろん文法・構文力も必須です。これは中高の 教科書を深く読み取るためにも必要な力です。

 2011年度から小学校でも外国語活動としての英語が必修となります。これから英語に対するニーズはどんどん高まっていくでしょう。英語ができることで 英語教員の職を手に入れられるだけでなく、国際的視野を持った幅広い人間性を養うことができます。例えば、日本だけでなく、世界のニュースにも興味を持つ ようになります。視野を広げることは、日常生活での行動や振る舞いにも影響を与えるはずです。さまざまなことに興味を持っている人間になれば友人も増える ことでしょう。英語という一つの言語を身につけるだけで人生が豊かになります。ぜひ教職課程を通じて幅広い人間性を育んで下さい。

ページ先頭へ戻る