歴史

現代人間学部

日本における民族関係(アイヌ)

日本の先住・少数民族であるアイヌの歴史はどういうものか。アイヌの人々のライフ・ヒストリーを読み、事実や経験、歴史認識などをくみとっていく。

表現学部

日本語の歴史

音・文法・語彙・文字表記など様々な観点から日本語の歴史を考察し、現代日本語とどのように連続しているかを理解する。また、言語の変化を考察することにより、言語についての認識を深める。

ドキュメンタリー映画史

ドキュメンタリー映画史の概略を押さえつつ、劇映画とは異なる映像世界と、その基盤となった社会史・政治史を、時代の流れに即しながら概観する。

ユーラシアの文化と歴史

主にテュルク世界(中央アジア、トルコ、ロシア、中国など)の口承文芸、文学、音楽、政治、経済、社会問題などをとりあげながら、ユーラシア各地の文化や歴史に関する知識を深める。

ドイツの文化と歴史

「ドイツ語圏の映画」「ベルリンをめぐる映画」「ドイツ語圏のファンタジー文学」「ベルリンをめぐる文学」などについて、日本と比較しながら考察する。

経済経営学部

経営史
戦後日本企業史

戦後から21世紀初めまでの日本企業の歩みをたどる。ダイエーの破綻とコンビニの成長、ゴーン改革とトヨタウェイ、バブル経済についてなど。

モノから見る経済史

綿、お茶、砂糖など身近なモノも、その歴史をひも解くと、「植民地」と「被植民地」、「市場経済」といった経済社会が見えてくる。

共通教養科目

火の人間史

木と木を摩擦する古代発火具を使っての「火おこし」技術を身につけ、神話や民族文化の中の火の起源と発達の歴史を追体験する。

このページの先頭へ