文化・芸能

現代人間学部

メディアリテラシー

テレビ・音楽・映画・出版物などさまざまなメディアが伝える情報をうのみにせず、批判的な目を持って解読する力をつける。

表現学部

映像文化論

映画、アニメ、プロモーション・ビデオといった映像ジャンルの現在の動向を解説。映像的なリアリティーとイリュージョンの関係を作品のなかに見る。

劇を作る

プロの舞台演出家から、実際に演技指導を受けながら、声や身振りなどの身体表現と一体となった言語表現を目指す。既成のシナリオを、受講生たちでアレンジし、試行錯誤を繰り返しながら劇を制作する。

広告文化論

広告に関する基礎知識を踏まえたうえで、一見不可思議に思われる広告文化の現実を解説する。また広告の特性と魅力の分析を通じて、文化的コミュニケーションの現状にアプローチする視点を提供する。

民俗芸能論

近代になってようやく鑑賞や研究の対象として発見された民俗芸能(=郷土芸能、地域伝統芸能)が、過去においていかに演じられ、伝承され、意義づけられてきたかを探る。 

経済経営学部

メディアコンテンツ制作

ケータイやネットに配信される音楽やゲーム、動画などのメディアコンテンツは、どうやって作られるのか。動画編集技術を学びながら、コンテンツビジネスへの理解を深める。

ファッション経済学

繊維、テキスタイル、デザイン、縫製、生産管理、商品管理、流通、販売に至る全領域を取り上げ、消費者のニーズや、グローバル化、スピード化を進めるファッション産業について学ぶ。

共通教養科目

20世紀のビジュアルイメージ

20世紀の美術、映画、写真、ビデオアートを見ながら、テクノロジーが私たちの視覚像をどう変貌させていったかを探る。

文化とメディアの社会学

ERやスターウォーズ、日本の代表的映画やアニメ、マンガを取り上げ、現代の社会状況、文化状況を社会学的に読み解いていく。

このページの先頭へ