東西南北2011

このページの利用にあたっては著作権関係諸法規ならびに社会的慣習を遵守してくださるようお願いします

以下の各論文はpdfファイル形式です。これを表示するためにはAdobe社が無償で提供するソフトウェアAdobe Readerが必要です。

ここからダウンロードしてセットアップ下さい。

表紙  (635KB)

目次

目次  (108KB)

公開シンポジウム:子どもを育む「環境の力」

扉  (151KB)

報告にあたって  (129KB)・・・・小林芳文/大橋さつき

小さなこどもにあたたかい心を育む環境の大切さ―新生児医療の現場から学ぶ  (347KB)・・・・仁志田博司

子どもの発達を支える遊びの環境―ムーブメント教育・療法の実証的研究から  (306KB)・・・・小林芳文

ワークショップ[実技体験]:報告 環境との対話から―「からだ・あたま・こころ」を育む環境づくりの理論と実戦 (1)音楽―飯村敦子/(2)身近なものや遊具―上原淑枝/(3)イメージや人とのかかわり―大橋さつき  (350KB) 報告:大橋さつき



研究プロジェクト:東京―市民のくらしと文化

扉  (59KB)

江戸の地霊・東京の地縁―鉄砲洲「福井家文書」に関するメモランダム  (1,281KB)・・・・塩崎文雄

昭和戦前期におけるレジャーのかたち―福井家とレジャー革命  (9,934KB)・・・・長尾洋子

研究プロジェクト:コミュニティ支援への理論的・実践的なアプローチ

扉  (62KB)

知識創造共同体としての浦河べてるの家における当事者研究―ナレッジ・マネジメント理論による分析  (437KB)・・・いとうたけひこ

「当事者が主人公」の実戦のあり方を考える―統合失調症当事者によるナラティブを手がかりに (324KB)・小平朋江/いとうたけひこ

大学生に対するコミュニケーション・サポートの試行と課題  (345KB)・・・・梅原利夫

研究プロジェクト:近代日本の保育実践史研究―保育記録の分析に基づく歴史研究の試み

扉  (58KB)

インタビュー<戦後教育史のなかの和光学園>

[01]繁下和雄「新学校の音楽教育と私の仕事」  (435KB)
   語り手:繁下和雄/繁下敏子 聞き手:太田素子/後藤紀子

[02]秋野勝紀「たしかな力をつける保育」を求めて  (438KB)
   語り手:秋野勝紀 聞き手:太田素子/浅井幸子

和光大学教育GP国際シンポジウム:環境教育と市民教育の新たな地平

扉  (71KB)

報告にあたって  (188KB)・・・堂前雅史

流域の大学に期待すること  (164KB)・・・元永秀

“流域主義による地域貢献と環境教育”の新たな市民教育としての展開  (356KB)・・・堂前雅史

流域貢献を通して環境市民力を育てる  (303KB)・・・岸由二

マレーシアにおける大学の社会貢献  (236KB)・・・グレース・パン・イン

リベラル教育と民主主義―アメリカにおける大学のシチズンシップ教育  (258KB)・・・キャサリン・テグマイヤー・パク

パネルディスカッション  (269KB)

ブックレビュー

目次  (35KB)

鈴木岩行・谷内篤博 編著『インドネシアとベトナムにおける人材育成の研究』  (154KB)・・・丹野勲

浅見克彦・山本ひろ子 編『島の想像力―神話・民俗・社会』  (238KB)・・・塩崎文雄

小林芳文・大橋さつき 著『遊びの場づくりに役立つムーブメント教育・療法―笑顔が笑顔をよぶ子ども・子育て支援』 (173KB)・・・梅原利夫


篠原睦治 編著『関係の原像を描く―「障害」元学生との対話を重ねて』  (385KB)・・・ロバート・リケット

あとがき

『東西南北2011』発刊にあたって  (132KB)・・・・塩崎文雄

奥付(pdf/17KB)

このページの先頭へ