シンポジウム開催案内

思春期・青年期を考える講演会
「思春期の問題行動を理解・支援する」講演会

思春期の子どもたちの中には、いじめや非行、不登校など様々な問題行動をする子どもたちがいます。そのような問題行動の背後に子どもたちのどんな心理があるのかを理解することは、そのような子どもたちを支える上でも重要になってきます。この講演会では、問題行動の背後にある子どもたちの心理と、そのような行動をとってしまう子どもたちの支援について、一緒に考えてみたいと思います。
日時
9月14日(土)14:00~16:00(受付は13:30~) 参加費無料
会場
和光大学J棟401教室
講演者
髙坂 康雅(和光大学現代人間学部 准教授)
プログラム
 第1部 「荒れる子どもたちを理解する-アドラー心理学の視点から-」
 第2部 「こもる子どもたちを支援する-適応支援室「いぐお~る」の実践-」
 第3部 質疑応答
お問い合わせ
和光大学 企画室 学術振興係
℡:044-989-7497 / E-mail:shinkou@wako.ac.jp

このページの先頭へ