東京・関東大震災前後

東京・関東大震災前後

原田勝正・塩崎文雄 編
viii+423頁 1997年9月1日発行 日本経済評論社 定価:本体4900円+税

目次

    第一章 東京の市街地拡大と鉄道網(1)--関東大震災後における市街地の拡大--...........原田勝正
    第二章 東京の市街地拡大と鉄道網(2)--鉄道網の構成とその問題点--...........原田勝正
    第三章 東京西郊における農村民の生活--大正初期の駒沢村--...........奥 須磨子
    第四章 関東大震災と煉瓦製造業...........老川慶喜
    第五章 震災詩集の書法--「危機」の詩/詩の「危機」--...........小関和弘
    第六章 震災復興と文学--『ボク東綺譚』の考古学--...........塩崎文雄
    第七章 風致の聖と俗--東京の風致地区を中心に--...........古賀史朗
    第八章 総力戦体制と防空演習--「国民動員」と民衆の再編成--...........原田勝正
    参考法令
このページの先頭へ