南西アジア1

南西アジア文化研究会

例会のお知らせ

イラン学術調査の現場から


 南西アジア文化研究会主催による、本年度第一回目の研究例会をお知らせいたします。
 平成10年に発足した当研究会は、南西アジア諸国を対象とした文化研究・国際学術交流プログラム・調査などの活動をおこなっています。
 今回の講師、山内和也氏はイランおよびウズベキスタンで発掘調査を指揮する考古学者です。この3月にイラン南部調査から帰国されたばかりですので、最新の調査成果やイランについての情報などを語っていただけるでしょう。
 南西アジアの世界に興味を抱く方ならどなたでも、この機会にぜひご参集ください。


講師のプロフィール:
イラン、テヘラン大学留学。在テヘラン日本大使館専門調査員を経て帰国。
本学兼任講師としては「フィールドの言葉:ペルシア語」を担当。
『パフラヴィー語--その文学と文法--』 (翻訳)、『ギーラーンの考古学』ほか著作多数。
協 賛:
和光大学パキスタン・バローチスタン学術調査研究会
問い合わせ:
芸術学科資料室(G316)