シンポジウム開催案内

建築文化の「いま」〜建物の省エネを考える〜

 東日本大震災を経験した今、持続可能な社会のためにエネルギーの見直しやライフスタイルの転換が叫ばれています。
現在の建物とそれを利用する文化の中をあらためて捉え直し、環境負荷を下げる「省エネ」の技術と共有を通し、「ゴールに向かう過渡期の中の建物文化」を考えます。

日時 2011年11月26日(土)12:30〜19:00 (12:30開場) 予約不要 参加無料
会場 和光大学 コンベンションホール・E101教室(E棟)
→和光大学までのアクセス情報はこちらをご覧ください
プログラム 12:30 開場

第1部:建物における省エネ技術展示(12:30〜14:00)
     建物における省エネ技術や部材・製品等の展示
     省エネの取り組みや成果の発表

第2部:講演とパネルディスカッション(14:00〜17:00)
     講演「窓から考える省エネと建物文化」
     松本浩志氏(マテックス(株)代表取締役社長)
 
    ディスカッション
     戸室太一氏(戸室建築設計室代表)
     原美由紀氏(川崎市環境局地球環境推進室担当課長)
     清水雅貴 (和光大学経済経営学部専任講師)
     コーディネーター:泉貴嗣(和光大学総合文化研究所共同研究員)
     司会:小林猛久(和光大学経済経営学部准教授)

第3部:懇談会(17:00〜19:00)
     参加者による懇談と情報交換

その他 第1部ブース参加企業・団体等を募集します
→詳細はこちらをご覧ください

このページの先頭へ