シンポジウム開催案内

島の想像力―文化の根源を問う―

研究プロジェクト「島のコスモロジーと想像力」の研究成果から

島の生活と文化、そこには人を魅きつけてやまない何かがあります。
それは、島が人間の奥底にある何かを照らしだすからではないでしょうか。
島の文化的想像に定位して、人間の根源へと迫ります。

日時
2009年12月19日(土)14:00~18:00 予約不要 入場無料
会場
和光大学 B-207教室 小田急線鶴川駅下車徒歩15分
→和光大学までのアクセス情報はこちらをご覧ください
主催
和光大学総合文化研究所
プログラム
14:00 開会

14:15 基調講演 島の魅力―その社会的基盤から考える― 小島瓔禮

16:00 コメント アンチコスモスの観点から 浅見克彦

16:30 コメント 久高島(沖縄)の八月行事から 小山和行

16:50 討議  山本ひろ子(司会)

18:00 閉会予定

シンポジウム終了後、懇談会を行います。

小島瓔禮(こじまよしゆき)

1935年生まれ、神奈川県出身。琉球大学名誉教授(民俗学)。國學院大学大学院博士課程満期退学。2000年に『太陽と稲の神殿』(白水社)で柳田国男賞を受賞。その他にも、『琉球学の視角』(柏書房)、『中世唱導文学の研究』(泰流社)、『猫の王』(小学館)などの多数の著書がある。

小山和行

沖縄研究者。論文「琉球国王とオナリ神―尚真王周辺のオモロから」、「久高島の生活と祭祀」など。

浅見克彦

和光大学表現学部教授 社会理論・文化研究

山本ひろ子

和光大学表現学部教授 日本思想史

シンポジウムチラシ画像

お問い合わせ

和光大学総合文化研究所
 044-989-7478 / e-mail souken@wako.ac.jp

和光大学企画室学術振興係
 044-989-7497

このページの先頭へ