ワークショップ開催案内

和光大学保育ワークショップ 幼児期に育てたい力
幼小接続問題と和光鶴川幼稚園の保育

 
 幼稚園に対して学校への準備教育を期待することは、あながち否定はできません。しかし、幼児にふさわしい生活を充分に経験する中から、学校教育の土台となる力が形成されるのでしょう。
 和光幼稚園・和光鶴川幼稚園の保育に学びながら、幼児期に育てておきたい力について考えてみたいと思います。二つの提案をもとに、リラックスした参加型の討論ができればと思います。

○提案:
 「和光幼稚園の保育ーその歴史的な意義について」・・・宍戸健夫(愛知県立大学名誉教授)
 「和光鶴川幼稚園の保育が大切にしてきたこと」・・・保志史子(和光鶴川幼稚園教諭)

○コメント:浅井幸子(和光大学心理教育学科講師)

○企画進行:太田素子(和光大学心理教育学科教授)

 

日時
2009年11月7日(土) 13:00~15:30 予約不要 参加無料
会場
和光大学 B-201教室 小田急線鶴川駅下車徒歩15分
主催
和光大学総合文化研究所・和光大学現代人間学部心理教育学科

和光大学保育ワークショップ 幼児期に育てたい力

お問い合わせ

和光大学総合文化研究所
 044-989-7478 / e-mail souken@wako.ac.jp

和光大学企画室学術振興係
 044-989-7497

このページの先頭へ