シンポジウム開催案内

日本・インドネシア交流の過去・現在・未来
~日本・インドネシア国交正常化50周年記念シンポジウム~

日本・インドネシアの国交正常化に至る歴史、現在、そして未来に向けて、特にエネルギー問題及び人材育成を中心とする活動についての講演会(シンポジウム)を実施、それと同時に日本・インドネシア国際文化交流写真展を開催します。
1958年1月20日にジャカルタで署名された日本国とインドネシア共和国との間の平和条約関する協定を締結し、その後の50年間の関係が友好的に保ちました。しかし、通貨危機に続き1998年の大統領交代で一時インドネシアは混乱を招きました。当時日本からの交流・投資・援助が盛んだったころに比べてやや冷えた関係になりました。
本シンポジウム及び展示会はこのような歴史を触れながら現在そして未来の日本・インドネシア友好関係がどのように変化したかそしてどのような方向に導くかについて強調します。テーマとして、エネルギー及び人材育成を中心とするシンポジウムに専門家を招き、2回にわけて講演会を実施します。そして、展示会では特に今までの歴史的な写真を公開し、さらに「多様性の中の統一 Bhinneka Tunggal Ika」というシンボルのもとでより多くの人たちにインドネシアへの興味を持つきっかけとなる事と、日本・インドネシア間における国際交流・文化交流の架け橋となること願っております。

【第1回 日本・インドネシアにおけるエネルギー問題の歴史と現在】

日時:2008年10月18日(土) 13:00~15:30
場所:和光大学 J-301教室

モデレーター:加藤巌(和光大学)

  • 開会 13:00~13:05 バンバン・ルディアント(和光大学)
  • 総合文化研究所所長挨拶 13:05~13:10 山村睦夫(和光大学)
  • 報告(1) 13:15~14:15 「Development of Alternative Energy in Indonesia(インドネシアにおける代替エネルギー開発)」(通訳付)
    アフマッド・シギット(インドネシア共和国大使館工業部長)
  • 報告(2) 14:15~14:45 「日本のエネルギー問題とインドネシアへの依存~歴史的経緯をふまえて~」
    岩間剛一(和光大学)
  • 報告(3) 14:45~15:15 「インドネシアにおけるパーム油生産急増の「副産物」と代償」
    林田秀樹(同志社大学)
  • 質疑応答 15:15~16:00
  • 閉会 鈴木岩行(和光大学)
    懇談会 16:15~18:00

【第2回 日本・インドネシアの人的交流の現代的課題と未来】

日時:2008年10月25日(土) 11:00~15:30
場所:和光大学 J-301教室

モデレーター:バンバン・ルディアント(和光大学)

  • 開会 13:00~13:05 鈴木岩行(和光大学)
  • 映画上映 11:00~12:10 映画「マス・エンダン」
  • 報告(1) 12:10~12:30 「漁業研修生「マス・エンダン」について」
    井上実由紀(元バンドン日本人学校)
  • 昼休憩 12:30~13:10
  • 報告(2) 13:10~13:40 「インドネシアからの研修生と受け入れ現場」
    東大森宏(社団法人 日本インドネシア経済協力事業協会)
  • 報告(3) 14:10~14:40 「福祉現場における外国人介護士との協働」
    吉田美香(社会福祉法人賛育会)
  • 報告(4) 13:40~14:10 「日系企業におけるインドネシア人ホワイトカラー」
    鈴木岩行(和光大学)
  • 討論 14:40~15:30 パネルディスカション
  • 閉会 バンバン・ルディアント(和光大学)

【写真展示会及びビデオ上映】

"Indonesia × Japan Photo Exhibition: Indonesia Latest 10 Years"

日時:2008年10月18日(土)~25日(土) 図書館開館時間中開催
場所:和光大学附属梅根記念図書館内 梅根記念室

会 場

〒195-8585 東京都町田市金井町2160番地  和光大学
(小田急線鶴川駅前と、駅から徒歩5分のスクールバス発着所からバスを運行しています。)

2008年度公開シンポジウム チラシ画像

お問い合わせ

和光大学総合文化研究所
 044-989-7478 / e-mail souken@wako.ac.jp

和光大学学部事務室
 044-989-7497

このページの先頭へ