1999年度第1回

シンボル文化研究会

例会のお知らせ
今年度最初の例会を下記のとおりおこないますので、ぜひご参集ください。学生の参加も歓迎します。

「ヒッタイトの神々の起源を求めて」

 ヒッタイト古王国時代(凡そ紀元前1650年以降)を代表する宗教的遺物、イナンデュック出土の大型壺には、浮彫技法で宗教的な描写が数多く施されている。
 おそらく、この宗教儀礼はヒッタイト文書に記載されている「聖なる結婚」に関するものであると考えられている。
 この描写に関する従来の解釈とともに、他の周辺地域(ミケーネ、黒海沿岸、南東ヨーロッパなど)との比較も視野に入れてみたい。

和光大学シンボル文化研究会
お問い合わせ:芸術学科資料室