和光大学総合文化研究所
アジア研究・交流フォーラム



「旧ソ連中央アジア諸国の社会・政治・文化的状況」





旧ソ連中央アジア諸国では、ウズベク語やカザフ語の第一国家語化に象徴されるような原住・多数民族を主体とする民族国家化と、経済的困難状態がつづくなかで、出口を見いだせなくなったロシア人そのほか多くの人々が国外へ流出していく事態がつづいているといわれます。そうしたなかで、より苦しい状況にある少数派の市民、民族集団に的をしぼり、かれらの生の現実と、生存をかけた闘いともいえるさまざまな活動を映像で記録しつづけているラヴレンティー・ソン氏をお招きし、ロシアの影にうもれて、なかなか接する機会の少ない旧ソ連中央アジア諸国のいまを、自ら撮った映像資料をも交えながら伝えていただきます。

和光大学総合文化研究所 044-989-7478
 同  学部事務室   044-989-7497


souken@wako.ac.jp
Copyright (C) 1999 和光大学総合文化研究所


研究所トップページへ戻る