研究会のご案内

和光大学総合文化研究所
アジアの金融危機と中国の課題
講師  復旦大学経済学部副教授  童 適 平 (Tong Shi-ping)先生
日時  7月17日(金曜日) 17:00~20:00
場所  和光大学梅根記念図書館2階 和光大学総合文化研究所共同研究室

 現在、乱高下する日本円、それと連動するアジアの金融市場の現状は、中国の経済環境との関係をもはらんでいます。このアジアの金融問題を、中国経済の拠点である上海からどうみるか、というお話をうかがう研究会を開きます。
 講師の童適平先生は、上海の重点大学である復旦大学で研究と教育にあたっておられ、金融論・日本経済を専攻されています。慶応大学経済学部交換教授を勤められた日本通の中堅研究者です。日本の各地の大学の講師をされ、現代中国についての講義を担当されています。現在、西新橋にある国際研究奨励財団研究センターにて、日本経済の調査と研究をされています。この機会に、和光大学にお招きをして、標記のご講義をお聞きしたいと思います。
 中国経済にご関心をお持ちの方はもちろん、現代の中国問題にご関心をお持ちの方のご参加を期待しています。時間があれば、復旦大学の大学改革問題、教員の問題についても、率直なお話をうかがえると思います。


問い合わせ 和光大学 ℡ 044-988-1431 福島研究室(内線)4115 総合文化研究所 044-989-7478(直通)
童 適平先生のプロフィール