研究会のお知らせ

グローバルファシズムと言語戦略
今回の総選挙は「ワン・フレーズ」を繰り返すという手法の煽動と
「改革」と言う中身の曖昧な言葉に踊らされた有権者の反応の結果なのでは
ないだろうか
そしてそれはナチスの人民操作の戦略とどこか似ていないか
第二次世界大戦前と現代は一見全く異なるようでいながら実は同質の時代な
のではないかという視点から今回の現象を考える研究会を行います
関心のある方はぜひご参加ください

講師:小森陽一氏(東京大学教授)
時:9月30日(金)午後3時より
場所:第二会議室(A棟4階)



和光大学総合文化研究所 「戦前としての今日」研究会
2005年9月