和光大学総合文化研究所・和光大学附属梅根記念図書館 共催
 シンポジウム

大学図書館の研究支援機能の充実
~アメリカ合衆国の場合、日本の場合~

2005年10月15日(土)14時~17時
和光大学 J-104教室
講演
岩渕祥子(いわぶちさちこ:バージニア大学エレクトロニック・テキスト・センター 日本語テキスト・イニシアティブ・コーディネーター)
 バージニア大学における図書館サービスの充実方策

コメント
津野海太郎(つのかいたろう:和光大学附属梅根記念図書館長・表現学部教授)
 日本の大学図書館の研究支援機能

沢里冬子(さわさとふゆこ:和光大学附属梅根記念図書館事務長)
 和光大学附属梅根記念図書館の現状

長尾洋子(ながおようこ:和光大学表現学部専任講師)
 図書館利用者としての研究者の立場から

フリーディスカッション
懇談会

クリックすると拡大表示
 図書館は学生・教員にとって教育・研究という大学の主要な機能を支える重要な機関です。今回、アメリカ合衆国バージニア大学図書館においてE-テキスト資料の収集整理を担当されている岩渕祥子氏をお迎えし、標記シンポジウムを開催します。研究図書館として高度な機能を発揮しているアメリカの大学図書館の現状をお話しいただき、本学図書館を含めた日本の大学図書館の現状と比較しつつ、双方の情報・考え方・将来展望などを交換したいと考えています。
 当研究所所員の研究活動にとって欠かすことのできない図書館の研究支援機能をいっそう高めるための環境整備に向けた第一歩として、今回のシンポジウムを企画しました。他大学の研究者や図書館関係者の方々、図書館に関心のある方々のご参加も歓迎します。

問い合わせ先
〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学総合文化研究所 電話 044-989-7478  http://www.wako.ac.jp/souken/
和光大学附属梅根記念図書館 電話 044-989-7494 E-メール library@wako.ac.jp
交通 小田急線<鶴川>駅下車 徒歩15分
 マップ http://www.wako.ac.jp/notice/access.html