東西交渉史研究会 インド調査報告会

インドの美術と信仰

    日 時 2004年5月22日(土) 午後2時~
    場 所 和光大学J-104教室

東西交渉史研究会は、南・西アジアを対象に研究活動を続けています。今回は、本年の春、インドでおこなった調査から、新資料や新たな交流などに恵まれた訪問の成果を紹介したく思います。学内・学外、教職員・学生を問わず、ふるってご参加ください。

報告内容

<第一部>
Ⅰ 西インド:女神の聖地を訪ねて 東 聖子
Ⅱ 東インド:仏陀の聖地を訪ねて 萩野 亮
Ⅲ 生活の中の工芸品 福光 文
<第二部>
Ⅰ インドのアフリカ人について 村山和之
Ⅱ 二つの都の仏教美術 ―マトゥラーとカピサの関係をめぐって― 前田たつひこ
Ⅲ 伝説のなかのボードガヤー(ブッダガヤー) ―飾られた仏陀と宝冠仏への視座― 北 進一

<背景と画像はインドの切り絵より>
連絡先:町田市金井町2160 和光大学 総合文化研究所(℡ 044-989-7478)

研究会等開催案内へ戻る