和光大学宗教芸能研究会のご案内

拝啓
 秋色いよいよ濃く、夜長の頃となりました。いかがお過ごしでしょうか。  さてこの度、第3回宗教芸能研究会を下記により開催いたします。ご多用中誠に恐縮に存じますが、万障お繰り合わせのうえ、ご出席賜りたくお願い申し上げます。
敬具  
 対馬の命婦と法者
    ―神楽と祭文の世界
     ~渡辺伸夫氏(昭和女子大学)
  日 時  10月21日(土) PM 3:00~5:30
  場 所  和光大学 J-101教室

    対馬では早くから、「法者」と呼ばれた祭の執行者と、「命婦」と呼ばれた巫女によって神楽が演じられてきた。対馬藩の藩政史料(宗家文庫)の解読により、これまで不明であった法者と命婦の歴史的実態を浮き彫りにする。
  また命婦神楽(映像)と祭文を紹介しながら、対馬の神楽の意味を考えていく。

◆研究会終了後、6時より図書館A会議室にて、懇親会を行います。会費は2千円です。ふるってご参加ください。


イメージ文化学科のホームページができました。宗教芸能研究会のホームページも近々、公開する予定です。一度覗いてみて下さい。 http://www.wako.ac.jp/imagenew/index.htm