~表象研究会開催のお知らせ~

3月7日 水曜日
ドキュメンタリー映画「A」と、森達也監督を迎えて

「オウムの内側から、外を見る」
「荒木浩広報部長を題材に、ドキュメンタリーを撮る

1995年、世界中を震撼させた、一連のオウム真理教事件。その後、ワイド・ショーまで巻き込んでの世論のオウム・バッシングが、破防法の適用寸前まで行ったことは、記憶に新しいところです。そして、現在も、南烏山のオウム居住マンション問題など、オウム問題は終わることなく続いています。
森達也監督は、上祐史浩の後任としてオウム広報部門のトップとなった荒木浩広報部長へのドキュメンタリーを中心に、オウムの内側からわれわれ社会を撮影することに成功しました。オウムという教団内部の教義とわれわれ社会の常識や論理とのはざまに立つ荒木広報部長の言動を撮影していた森監督たちは、その過程において、公安調査庁による教団幹部の不当逮捕の瞬間にさえ、出会います。
マスメディアにおける公正中立とはなにか? ドキュメンタリーの社会的な役割とはなにか?
「A」は、ドキュメンタリーの根元へと問題を掘り下げていきます。

■3月7日 水曜日 12時30分~
場所 A棟7階 表現文化学科資料室

12:30~14:45 「A」上映 (2時間15分)
15:15~16:15 森達也監督を迎えて共同討議

■プロフィール 森達也 (もりたつや)
1956年生まれ。自主制作映画や演劇活動を経て、番組制作会社に入社。小人プロレスをテーマにしたドキュメンタリーなどを撮る。97年オウム真理教事件を題材にしたドキュメンタリー映画「A」を発表。以降はフリー。99年フジテレビ系列にて放送されたドキュメンタリー「放送禁止歌」の演出を担当。現在、「A」の続編「A2(仮題)」と、「下山事件」を題材としたドキュメンタリー映画の撮影を並行して撮影中。また、超能力者を題材にしたルポ、「下山事件」をテーマに執筆中。
■参考文献(著書)
「『A』撮影日誌」現代書館 ISBN4-7684-7687-2 ※解説を、芹沢俊介が書いています。
「放送禁止歌」(デイブ・スペクターと共著) 解放出版社 ISBN4-7592-5410-2