シンポジウム開催案内

思春期・青年期を考えるシンポジウム「思春期の我が子との向き合い方」

「自分の子どもが何を考えているのか、わからない」。「子どもとうまくコミュニケーションがとれない」。子供が思春期を迎えたとき、どんな親でも、このような悩みをもつことがあります。思春期の子供の心は複雑で、たとえ親であっても、その心を理解することはなかなか大変です。このシンポジウムでは、思春期・青年期を専門とする心理学者による話題提供と、質疑応答を通して、思春期の子どもの心を理解し、親としてどのように接したらよいのかを、考えていきたいと思います。

日時
2013年2月26日(火)14:00~16:00 申込み不要 入場無料
会場
和光大学ポプリホール鶴川(鶴川駅前)
話題提供①
佐藤有耕(筑波大学大学院人間総合科学研究科 准教授)
「思春期の子どもの心では何が起こっているのか?」
話題提供②
伊藤美奈子(慶應義塾大学教職課程センター 教授)
「親は思春期の子どもとどう関わればよいのか?」
質疑応答
司会:高坂康雅(和光大学現代人間学部 専任講師)
その他
主催:和光大学総合文化研究所
共催:町田市、(財)町田市文化・国際交流財団

思春期の我が子との向き合い方 PDFファイル (4,413KB)

お問い合わせ

和光大学企画室学術振興係
 044-989-7497
このページの先頭へ