受講生の声「ヒンディー語の世界(2006)」

ヒンディー語の世界

おーぷんかれっじ通信No.13より
文:「ヒンディー語の世界」2006年受講生
インドをテーマに絵を描き、大のインド映画ファンの私は、娘の幼稚園入園を機に、より深くインドを理解するためにヒンディー語講座を受講させていただきました。そのとき私は二人目の子供がおなかにいましたが、一年間勉強し、出産後、その息子が幼稚園に入園するとともに、再び講座に復帰しました。
 『ヒンディー語の世界1』では文字と初歩の文法、『ヒンディー語の世界2』では会話の練習や物語の翻訳など、じっくりとヒンディー語に取り組みました。加えて、インドの音楽や映画を鑑賞する、村山和之先生が現地で撮影して下さったビデオを拝見する、クラスの仲間でインドをテーマに展覧会を開く等、語学以外の内容もとても充実していて、私のインド世界への理解がより深いものになりました。
 最近では、字幕がなくて諦めていたいくつかのインド映画も、台詞をかなり聞き取る事が出来るようになってきました。今まで諦めていた作品を見る事も、最近の楽しみのひとつです。
 気さくで優しい村山先生をはじめ、さまざまな年代のインド通の方々との交流も、貴重でかけがえのない時間です。忙しい子育ての合間に、日常を離れて勉強ができるヒンディー語講座は、私にとってとても大切な場所です。この講座で、大人になってから学ぶ事の素晴らしさを、日々実感しています。

※写真:「ヒンディー語の世界」授業風景
このページの先頭へ