受講生と講師による習作展開催

1年間、半年、それぞれの講座で、受講生が学び、制作した作品の展覧会です。各講座の集大成を、ぜひご覧ください。また、どのようなことを学べるのかを、知る機会としてもどうぞ。

「墨絵:自然を描く」習作展

主催:董沙貝、2007年度「墨絵:自然を描く」受講生
1年間、『古今名人画譜』『芥子園画伝』を手本に、季節のお花の写生も交え、墨による絵画表現についての中国の伝統に根ざした考え方と技法を学びました。
受講生たちが描き溜めた作品の発表会。ぜひ、お立ち寄りください。

[会 場] ぱいでいあ教室6階
[期 間] 2008年4月3日(木)〜 4月6日(日)
[時 間] 11:00〜15:00

<受講風景>
 

「墨絵:北宋山水の模写」習作展

主催:楊暁閩、2007年度「墨絵:北宋山水の模写」受講生
10世紀頃、単一色“墨”による絵画表現の頂点を極めた北宋山水。この講座では、その優れた作品を模写することで、墨絵の本質と原点を見つめました。
「中国絵画」の魅力と深さをぜひ、感じてください。

[会 場] 和光大学梅根記念室(和光大学付属梅根記念図書館)
[期 間] 2008年3月23日(日)〜4月4日(金) ※3/30、31、4/1 閉館
[時 間] 9:30〜16:30

 
[左:過去の作品展の様子]  [右:受講風景]


「いつでも旅でもスケッチを」展

主催:江渡英之、2007年度「いつでも旅でもスケッチを」受講生
時には外へ飛び出し、季節を感じながらスケッチの技術を学んだ3ヶ月。掲載写真は、東光院へスケッチに出掛けた時のものです。(2007年秋)
個性溢れる作品を、ぜひご覧ください。

[会 場] 和光大学梅根記念室(和光大学付属梅根記念図書館)
[期 間] 2008年4月7日(月)〜4月12日(土) ※日曜閉館
[時 間] 9:30〜16:30 ※12日のみ14:30まで


<受講風景>
 
このページの先頭へ