これまでの開放事業 1996年度~2000年度

2000年度

連続市民講座「岡上を読む」part1(全5回)
2000年1月14日~2000年2月4日

第1回 1月14日(金) 春はドンドの炎から
第2回 1月21日(金) 岡上に生まれ育って70年
第3回 1月28日(金) 和光大学と岡上町内会のはざまで ―岡上西「小さな」町会の哀歓―
第4回 2月4日(金)  岡上の地と空
第5回 2月19日(土) 岡上を語り合う
レクチャーコンサート「南島詩人 ~沖縄をうたう~」
2000年7月1日

出演者:平田大一氏
友情出演:みるく氏(八重山の唄と踊りの会)
案内役:関根秀樹氏
移動大学<長野県>「若ものたちの社会参加」
2000年12月2日~2000年12月3日

12月2日(土) フィールドワーク
「まちなか再発見事業」へ参加、松本城をたずねる
12月3日(日)
私のニューシネマ・パラダイス
報告1:ドキュメンタリーへの取り組み
報告2:若ものたちの街おこし運動

1999年度

レクチャーコンサート「シタールとインド古典音楽」
1999年6月19日

演奏者:プレーマダーサ・ヘーゴダ氏(シタール)、清水浩氏(タブラー)ほか
案内役:村山和之氏(和光大学兼任講師)
移動大学<長野>「地域と福祉を考える ―松本発福祉最前線をいく―
1999年12月11日~1999年12月12日

12月11日(土) リレーメッセージ
地域の福祉を考える ―参加型福祉社会と生涯学習の課題
地区福祉ひろば・5年間の実践報告
蟻の会・町会福祉からの報告
福祉行政のめざすもの

12月12日(日) フィールドワーク
「福祉ひろば」、蟻ヶ崎西町会など

1998年度

連続市民講座「町田・川崎・多摩・相模原…」part2(全5回)
1998年5月29日~1998年6月26日

第1回 5月29日 アメリカ軍関東上陸作戦(コロネット作戦)と神奈川県
第2回 6月5日  谷戸の自然 ―現在・過去・未来
第3回 6月12日 「天保の老人」の青春、「明治の青年」の青春
第4回 6月19日 「うけらが花」の世界から
第5回 6月26日 相模原市の産業復興
レクチャーコンサート「モンゴルの馬頭琴」
1998年10月3日(土)

出演者:ブフナサン氏
案内役:松村洋氏
通訳:フフバートル氏
連続市民講座「町田・川崎・多摩・相模原…」part3(全5回)
1998年10月16日~1998年11月13日

第1回 10月16日(金) 体験・縄文入門 ―縄文から未来を観る
第2回 10月23日(金) 美術館のある日常 ―地方美術館の役割を考える
第3回 10月30日(金) 地域社会と情報化
第4回 11月6日(金)  世界に見る地域環境政策
第5回 11月13日(金) 川崎・相模原の外国人
移動大学<長野県> 地域を描き、地域を学ぶ
1998年11月28日~1998年11月29日

11月28日(土)
地域を描く
地域を学ぶ
・高校生が創る地域映像
・地域と福祉ひろば
・強制労働・旧地下工場の地域史

11月29日(日)
地域を歩く ~安曇野を歩く、里山辺・中山の地下工場跡見学など

1997年度

レクチャーコンサート「インド古典音楽」
1997年10月4日

演奏者:プレーマダーサ・ヘーゴダ氏(シタール)、清水浩氏(タブラー)、岡田美智子氏(タンブーラ)
案内役:村山和之氏(和光大学兼任講師)
連続市民講座「町田・川崎・多摩・相模原…」part1(全5回)
1997年10月3日~1997年11月14日

第1回 10月3日(金) 相模・武蔵の渡来文化
第2回 10月17日(金) 多摩の都市化と鉄道圏
第3回 10月24日(金) 地域と子ども・学校
第4回 10月31日(金) 日本のシルクロードはどこへつながっていったか
第5回 11月14日(金) 日産自動車座間工場の大転換と世界戦略
移動大学<神奈川県>「川崎のなかの沖縄 ―地域と文化の出会い」
1997年11月29日

第1部 証言と講演で考える
・沖縄から川崎への旅 ―証言をとおして
・沖縄 ―地域の自治か民族の権利か

第2部 沖縄文化との出会い
・沖縄芸能 神奈川県・川崎市両指定無形文化財

1996年度

連続市民講座「世界都市物語 part4」音楽と都市(全6回)
1996年5月24日~1996年6月28日

第1回 5月24日(金) カストリアでのギリシア音楽:フィールドワークを通して知った民衆音楽
第2回 5月31日(金) 小樽・忍路・余市:合唱曲になった若き日の伊藤整
第3回 6月7日(金)  クエッタ:南西アジアの音楽と楽士たち
第4回 6月14日(金) バンコク:海を渡った中国人・街づくりと暮らしぶり
第5回 6月21日(金) 沖縄市:コザの街と音楽
第6回 6月28日(金) ミシシッピー川とニューヨーク
連続市民講座「メディアをつくる」(全4回)
1996年7月19日~1996年7月20日

第1回 7月19日(金) 源平合戦と情報
第2回 7月19日(金) メディア・アクティヴィズムとは何か
第3回 7月20日(土) 市民がメディアを作る時代
第4回 7月20日(土) 座談会:メディアを読む
連続市民講座「世界都市物語 part5」都市、その光と影(全6回)
1996年9月27日~1996年11月1日

第1回 9月27日(金) エルサレム:ユダヤ人とアラブ人の「聖なる都」 
第2回 10月4日(金) デトロイト:自動車生産のメッカ
第3回 10月11日(金) ワシントン:アメリカ民主主義の「伽藍配置」とベトナム戦争
第4回 10月18日(金) ウラジオストック:民族関係のなかの植民都市
第5回 10月25日(金) 京都:花のみやこ京の盛衰
第6回 11月1日(金) いま、何故「都市の時代」なのか
移動大学<沖縄> 「戦後沖縄の精神史と社会教育」
1996年11月30日

報告:「地域文化の拠点・大学」―沖縄大学の場合、和光大学の場合
講演:「戦後沖縄の精神史の一側面」―現代沖縄の文学を通して
講演:「戦後沖縄社会教育の歩み」―その問いかけるもの
朗読と演奏:「地域おこしと若者」―南島詩人はうたう
移動大学<沖縄> 「やんばるの<むら>はおもしろい ―その個性と可能性を考えよう」
1996年12月1日

報告:100年前のやんばるの社会生活
報告:国頭村奥、山・川・海と協働一致のむらづくり
報告:名護市源河、リュウキュウアユとむらづくり

このページの先頭へ