これまでの開放事業 1990年度~1995年度

1995年度

連続市民講座「世界都市物語 part2」 食と都市(全6回)
1995年5月21日~1996年6月16日

第1回 5月12日(金) コロンボ:シナモンから紅茶へ
第2回 5月19日(金) ベルリンとウィーン:コーヒーが織りなす
第3回 5月26日(金) ウランバートル:ウランバートルと肉うどん
第4回 6月2日(金)  ロンドン:ティー・スプーンで生命をはかる人びと
第5回 6月9日(金)  東京:東京はいかに食べてきたか 
第6回 6月16日(金) フリートーク:<食と都市>をめぐって
連続市民講座「新聞を読む」(全4回)
1995年7月21日~1995年7月22日

第1回 7月21日(金) 新聞を通して見る市民生活と政治
第2回 7月21日(金) 新聞小説を読む:墨東綺譚の読まれ方
第3回 7月22日(土) マルチメディアとマスメディア
第4回 7月22日(土) オウム真理教事件とマスコミ報道
連続市民講座「世界都市物語 part3」 人物と都市(全5回)
1995年9月22日~1995年10月20日

第1回 9月22日(金) 聖デメトリオスとテサロニカ:守護聖者と東方中世の都市
第2回 9月29日(金) シェイクスピア時代のロンドン市民:大疫病と大火災 
第3回 10月6日(金) 上海:越劇改革家袁雪芬
第4回 10月13日(金) 東京:木下順二と「本郷」
第5回 10月20日(金) 中欧の珠玉:プラハ
移動大学<埼玉県> 「川口を生きる」
1995年10月28日

「鋳物の街」川口と永瀬庄吉
戦後民主主義教育と梅根悟

1994年度

連続市民講座『互いで創る「バブル」後のいま』(全4回)
1994年7月9日~1994年7月16日

第1回 7月9日(土) 市民にとっての経済学【「バブル」がはじけたいま】
第2回 7月9日(土) 互いで創る「ことば」を楽しむ【連句】
第3回 7月16日(土) 互いで創る「ことば」を楽しむ【手話】
第4回 7月16日(土) 互いで創る「ことば」を楽しむ【英会話】
連続市民講座「世界都市物語 part1」(全6回)
1994年10月14日~1994年11月18日

第1回 10月14日(金) オリュンピアとミレトス:神の町・人の町
第2回 10月21日(金) コンスタンティノポリスからイスタンブールへ:神と都市の変貌 
第3回 10月28日(金) ソウル:風水と儒教の都市
第4回 11月4日(金)  リューネブルクからリューベックへ:中世ハンザ都市の「女王」と塩の町
第5回 11月11日(金) パリ:オードリー・ヘップバーンの見たParis 
第6回 11月18日(金) 江戸、そして東京:淫祠から靖国神社へ
移動大学<静岡県> 「家・家族・家庭」
1994年11月5日

家庭というもの
大井川流域の人々の生活と婚姻
家族の現在と未来

1993年度

市民講座「自然と人間」
1993年7月14日~1993年7月16日

7月14日(水) 【古代人の知恵】―石の利用と火の利用
7月15日(木) 【不思議な生活の知恵】―毒をみつけて薬をつくる
7月16日(金) 【現代人の知恵】―原子力産業への道程をふりかえる
移動大学<群馬県> 「草津・人と歴史のであう場所」
1993年10月30日

安藤昌益と生き神中居屋重兵衛
草津の交通と草軽電気鉄道
草津軽便鉄道創立への動き

1992年度

市民講座「絵本の世界」
1992年7月15日~1992年7月17日

7月15日(水) 絵と本を造る
7月16日(木) 絵本を楽しむ
7月17日(金) 絵本を読む
移動大学<北海道> 「都市文化の拠点・小樽」
1992年10月17日

講演:小樽高商の経済学者
講演:「自然・歴史・情報」から小樽を考える
パネルディスカッション:都市文化の拠点・小樽
報告:小樽における交通の発達と文化の形成
報告:文学と経済学の接点

1991年度

市民講座「いま、美しさを求めて」
1991年7月10日~1991年7月12日

7月10日(水) 美しさというウィルス ~現代小説を手がかりに
7月11日(木) 美のスペクタクル ~スリランカのペラヘラ祭
7月12日(金) 老いの美学 ~老いの心を探る
移動大学<福島県> 「南北朝時代の歴史と文学」
1991年10月5日

講演:太平記/歴史と文学の狭間
講演:後醍醐天皇の国家後送
パネルディスカッション:南北朝時代の歴史と文学
報告:南北朝内乱と東北地方
報告:江戸時代における『太平記』の受容

1990年度

市民講座「女性の立場から90年代をみる」
1990年7月19日~1990年7月21日

7月19日(木) 新段階を迎える「女の時代」
7月20日(金) 自分の手で自分の人生を
7月21日(土) ポスト・モダニズムといわれる時代に
移動大学<千葉県> 「半島先端の文化をさぐる ~伊八の欄間彫刻から
1990年10月27日

幕末の隠れた名工
自然破壊と安藤昌益

このページの先頭へ