地球環境問題の科学A

分野 学生とともに学ぶ
講座番号 339
講座名 地球環境問題の科学A
講師 森下 直紀
概要 ■講座日程と講座内容については、変更する場合がございますので、予めご了承ください。

グローバル化した現代社会において、私たちの産業・経済活動は、時に様々な環境問題の原因となります。それらの環境問題の中には、国境を越えて、広範囲の地域に影響を与えるものもあり、例えば、オゾンホールや気候変動問題は、その影響が地球規模に及ぶため、国際的な枠組みでの取り組みがおこなわれています。本講義では、環境問題の社会科学的側面と自然科学的側面とを共に取扱い、環境問題を考察する上での基本的知識の習得を目指します。こうした問題のうち、「地球環境問題の科学A」では、2011年3月11日に発生した東日本大震災とその後の原子力発電所の事故を一つに契機として捉え、放射線、放射性物質の発見から原子爆弾や原子力発電などの様々な核政策を歴史的に概観し、今後の原子力政策を検討する上での基本的知識の習得を目指します。
募集人数 10名
曜日・時間 毎週月曜日(14:40~16:10)
開講回数 前期14回
開講日程 [開講日]1)4/23 2)4/30 3)5/7 4)5/14 5)5/21 6)5/28 7)6/4 8)6/11 9)6/18 10)6/25 11)7/2 12)7/9 13)7/16 14)7/23
講師プロフィール 和光大学経済経営学部講師。専門は環境史、科学技術社会論、環境社会学。ワシントン州立大学などを経て、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。立命館大学大学院非常勤講師、立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェローを経て2013年より現職。共著に『差異の繁争点―現代の差別を読み解く』(ハーベスト社)など。
会場 和光大学
受講料 15,000円
備考 【教科書】プリントを配付
追加

申込受付期間は、は3月23日(金)までです。※「ぱいでいあ講座」の2次募集は3月30日(金)締切です。

選択した講座はありません。

このページの先頭へ