環境学A

分野 学生とともに学ぶ
講座番号 337
講座名 環境学A
講師 森下 直紀
概要 ■講座日程と講座内容については、変更する場合がございますので、予めご了承ください。

2011年3月の福島第一原発事故とその放射能汚染は、近年最大の公害事件としての様相を呈してきました。「環境学A」では、公害事件の過去に学び、現在の問題にどう取り組んでいくべきか。これを考える基本的な知識の習得を本講義の目的とし、以下の3点に到達することを目標とします。(1)環境問題に関する紛争の経緯とその論点を理解する、(2)公害・環境問題の被害の構造を理解する、(3)公害・環境問題の解決の方向性について理論的に考察することができる。具体的には、戦後に確認され現在でも裁判が継続する水俣病事件史を一つの軸として、同時代的に発生してきた様々な公害問題と比較しながら、多角的に議論していきます。
募集人数 10名
曜日・時間 毎週月曜日(13:00~14:30)
開講回数 前期14回
開講日程 [開講日]1)4/23 2)4/30 3)5/7 4)5/14 5)5/21 6)5/28 7)6/4 8)6/11 9)6/18 10)6/25 11)7/2 12)7/9 13)7/16 14)7/23
講師プロフィール 和光大学経済経営学部講師。専門は環境史、科学技術社会論、環境社会学。ワシントン州立大学などを経て、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。立命館大学大学院非常勤講師、立命館大学衣笠総合研究機構ポストドクトラルフェローを経て2013年より現職。共著に『差異の繁争点―現代の差別を読み解く』(ハーベスト社)など。
会場 和光大学
受講料 15,000円
備考 【教科書】プリントを配付
追加 お申込み受付は終了しました。

申込受付期間は、は3月23日(金)までです。※「ぱいでいあ講座」の2次募集は3月30日(金)締切です。

選択した講座はありません。

このページの先頭へ