大衆芸能の社会史

分野 学生とともに学ぶ
講座番号 330
講座名 大衆芸能の社会史
講師 長尾 洋子
概要 ■講座日程と講座内容については、変更する場合がございますので、予めご了承ください。

今日では芸能や音楽を商品として手に入れ、個人の楽しみとして消費することがあたりまえになっていますが、歴史をつぶさに見ていくと、実に多彩な芸能文化に人びとが身を浸していた事実が浮かび上がってきます。視聴覚資料を豊富に用いて、おもに20 世紀前半の日本社会と音楽文化とその周辺について講義します。
募集人数 5名
曜日・時間 毎週金曜日(10:40~12:10)
開講回数 後期12回
開講日程 [開講日]1)9/21 2)10/5 3)10/12 4)10/19 5)10/26 6)11/9 7)11/16 8)11/23 9)11/30 10)12/7 11)12/14 12)12/21
講師プロフィール 和光大学表現学部准教授。専門は文化地理学。地方文化の形成、地域伝統行事、民謡についての研究に携わる。最近はミュージアムやコミュニティをキーワードに文化と社会の関係をさぐっている。共著に『レジャーの空間』(ナカニシヤ出版)、『民謡からみた世界音楽』(ミネルヴァ書房)など。
会場 和光大学
受講料 15,000円
備考 【教科書】プリントを配付
追加 お申込み受付は終了しました。

申込受付期間は、は3月23日(金)までです。※「ぱいでいあ講座」の2次募集は3月30日(金)締切です。

選択した講座はありません。

このページの先頭へ