女性学入門PartⅠ―「女らしさ」と「女性活躍」の悩ましい関係

分野 ぱいでいあ講座
講座番号 127
講座名 女性学入門PartⅠ―「女らしさ」と「女性活躍」の悩ましい関係
講師 井上 輝子
概要 最近「女性の活躍推進」が、政府やマスコミの流行語になっています。一方で、「女子力」や「女らしさ」を女性に期待する声もあちこちで聞かれます。でも、「女らしさ」と「社会的活躍」を両立させるのは、なかなか難しいものです。学校生活や職場、恋愛の実情などを通じて、女性が自分らしさを保ちつつ、社会で活躍できる道を探ります。

■以下は講座日程と進行予定です。講座内容については、講座の進み具合などにより、内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

[春期開講日]

1)4月27日 女性学の誕生と発展
2)5月11日 女と男を分けるもの
3)5月18日 幼児期における性役割の形成
4)5月25日 学校の中での性役割形成
5)6月1日 スポーツとメディアの中の男女像
6)6月8日 働く女たち
7)6月15日 女の賃金はなぜ低いのか
8)6月22日 性と恋愛
9)6月29日 女性に対する暴力
10)7月6日 前期のまとめ
募集人数 15名
曜日・時間 金曜日(14:40~16:10)
開講回数 春期10回
開講日程 概要をご覧ください。
講師プロフィール 1942年、東京都生まれ。和光大学名誉教授。専門は女性学。1974年に和光大学に日本初の女性学講座を開設して以来、女性学の研究・教育に従事し、自治体の女性行政にもかかわってきた。著書に『新・女性学への招待』(有斐閣)、共編に『岩波女性学事典』(岩波書店)など多数。
会場 和光大学
受講料 15,000円
備考 【教科書】講座初日に購入
『新・女性学への招待』(有斐閣) 1800円(税別)
追加 お申込み受付は2月19日(月)を予定しております。受付開始までしばらくお待ちください。

お申込み受付は2月19日(月)を予定しております。受付開始までしばらくお待ちください。

選択した講座はありません。

このページの先頭へ