タミル語~初級~

分野 ぱいでいあ講座
講座番号 107
講座名 タミル語~初級~
講師 袋井 由布子
概要 話者人口は7000万人を超えるとも言われるタミル語。インド、スリランカ、シンガポール、マレーシア・・・世界のどこかでタミル語を耳にされたことがあるかもしれません。同講座ではタミル語の読み書き、日常会話を学習していきます。タミル語を初めて学ぶ方が対象ですが、もう一度、タミル語を復習したい方も歓迎します。

■以下は講座日程と進行予定です。講座内容については、講座の進み具合などにより、内容を変更する場合がございますので、予めご了承ください。

[春期開講日]

1)4月21日 オリエンテーション:タミル語が話されるタミル世界
2)4月28日 タミル語の文字・発音
3)5月12日 命令形(肯定)
4)5月19日 命令形(否定)
5)5月26日 疑問文(〈はい〉〈いいえ〉で答えられる疑問文)
6)6月2日 疑問文(疑問詞をともなう疑問文)
7)6月9日 希望表現(その1「~がほしいです」) 
8)6月16日 希望表現(その2「~したいです」)
9)6月23日 理解「~がわかります」「~を知っています」の表現
10)6月30日 春期総復習

[秋期開講日]

11)9月22日 春期総復習:夏休み宿題のチェック
12)9月29日 趣向の表現 「~が好きです・嫌いです」
13)10月13日 知覚の表現 「~が痛いです」「喉が乾きました」「お腹がすきました」等
14)10月20日 勧誘 「~しましょう」の表現
15)10月27日 現在形
16)11月10日 過去形(その1)
17)11月24日 過去形(その2)
18)12月1日 未来形
19)12月8日 過去完了
20)12月15日 総復習
募集人数 10名
曜日・時間 土曜日(16:20~17:50)
開講回数 全20回
開講日程 概要をご覧ください。
講師プロフィール 1967年、東京都生まれ。専門はインド美術史。中村元東方研究所専任研究員。成城大学文学研究科(東洋美術史専攻)修士課程修了後、インドに留学。2002年、マドラス大学より博士号を取得。著書に『Learn Japanese(全3巻)』(Chennai:Institute of Asian Studies)、『インド、チョーラ朝の美術』(東信堂)など。
会場 和光大学
受講料 34,000円
備考 【教科書】事前に各自で購入
『タミル語入門』(南船北馬舎) 2200円(税別)
追加 お申込み受付は終了しました。

申込受付期間は、は3月23日(金)までです。※「ぱいでいあ講座」の2次募集は3月30日(金)締切です。

選択した講座はありません。

このページの先頭へ