2004年 テーマ:モノに見る女/男

日時:
展示期間: 5月16日(月) - 5月20日(金)
語る夕べ: 20日(金)16時 - 18時
場所:
資料展示: 和光大学図書館 梅根記念室
語る夕べ: 和光大学 ジェンダーフリースペース(G112)
内容:
誕生とともに子どもに与えられる遊び道具としての「おもちゃ」は男女という性別の二分法(ジェンダー)を語っています。
「おもちゃ」売場にはシールをはじめ、小物であるファンシーグッズにいたるまであらゆるものが「女の子」「男の子」用に分類されています。子どもたちは「おもちゃ」によって性別に社会化されていくと言えるでしょう。

今回主として展示されている「メンコ」に描かれた英雄は、その時代の「男らしさ」を、「着せ替え人形」は時代が女性に求める「女らしさ」の表象であり、時代とともにそれらが変化していることを示しています。「コトバ」ではなく、生活のなかに存在してきたモノ=遊び道具(おもちゃ)を通してジェンダーの歴史について学び、語り合う場にしたいと思います。

予約:
不要・飛び入り歓迎
参加費:
無料
このページの先頭へ