2010年 テーマ:ワークショップ 女性のための護身法セミナー

 
和光大学ジェンダーフォーラムは、6月16日「女性のための護身法」セミナーを開催しました。
セミナープログラムは、国内で5,000人以上の女性にセルフディフェンスを伝えてきたインパクト東京が提供。
インパクト東京のセミナーは、危険回避、自分を大切にすることを体感できるプログラムである、との理由から今回の護身法セミナー開催となりました。当日は、有志の学生が参加しました。

女子学生たちはセルフディフェンスのワザだけでなく、心と体を守る方法としての意思表示など、
性的被害、身近な人から受ける暴力、人間関係をおびやかすものを回避するスキルを学びました。

講習後アンケート調査を実施したところ、習得が難しいというイメージをもたれがちな護身術ですが、実際には参加者のほとんどが「楽しかった」と回答しています。
内容についても、参加者全員が「役に立つと思った」、「他の学生にも勧めたい」と満足度が高いセミナーとなりました。
 
また、「護身法セミナーを大学が開催するのは必要だと思うか」の問いには、全員が必要だと回答。通勤・通学・アルバイトなど、さまざまな空間で、実際に恐い目にあったことがあるとの回答も多く、学生の不安を軽減し安全を確保するためにも、本セミナーのような具体的な対策を講じることが有効であると言えるでしょう。

普段は出さないような大きな声をだしたり、身体を動かしたりして不安の軽減と共に、ストレス解消にもなったようです。講習後の会場は、自信にあふれた学生たちの笑顔であふれていました。
講師:
インパクト東京 インストラクター 森山奈央美さん 三宅りおさん
日時・場所:
2010年6月16日(水)
14時40分 和光大学G棟112 ジェンダーフリースペース集合
16時10分終了
予約:
問い合わせはジェンダーフリースペースまで
  gen-free@wako.ac.jp
  Tel.044-989-7777(内4112)
参加費:
無料
このページの先頭へ