社会連携研究プロジェクト

和光大学の学術的な蓄積や教職員・学生の力を活用して、地域と連携・協働しながら、地域が抱える様々な課題の解決に向けて取り組むプロジェクトです。

プロジェクトは、専門的な研究や技術開発を行う「研究協力型」と、地域の活動に教職員や学生を活用する「地域協働型」に分けられます。


<2017年度社会連携研究プロジェクト一覧>

研究協力型(地域と研究者が連携して地域の課題解決に取り組むもの) 採択件数:1件

研 究 課 題


区分

研究代表者
文化が防災に果たす役割―防災教材と防災教育プログラムの開発にむけて          
2年目
経済経営学部
バンバン・ルディアント 教授



地域協働型(地域と教職員・学生が連携して課題解決等に取り組むもの) 採択件数:5件 


研 究 課 題


区分

研究代表者
大学・企業相互関与型の地域密着人材育成システムの構築と実践
2年目
経済経営学部
小林 猛久 教授        
地域社会における文化資源と若者・市民の創発力の融合にむけた実践的研究
1年目
表現学部
長尾 洋子 准教授
地域社会に於けるアート2年目表現学部
半田 滋男 教授 
共生・共創をめざした創造的身体表現遊びの実践
ー地域と大学の連携による子育て支援・障がい児支援の取り組みを土台にー     
2年目現代人間学部
大橋 さつき 准教授
町田市内NPOと和光大学の連携に関する創造的研究
ー「自治」をキーワードとした連携プログラムの探求ー
2年目現代人間学部
堂前 雅史 教授


2017年度和光大学重点事業


研 究 課 題


研究代表者
大学内における不登校児童生徒に対する継続的支援の効果に関する検討      
現代人間学部
髙坂 康雅 教授

2018年度社会連携研究プロジェクト募集について

2018年度社会連携研究プロジェクトを募集します。お手元の募集要項をご確認の上、ご応募ください。


【提出書類】①事業計画書 ②予算見積書(上記からダウンロードできます) 

【提出先】 企画室 社会連携研究プロジェクト担当(E-mail:renkei@wako.ac.jp)

【提出期限】2017年10月31日(火) 16:00厳守


これまでの社会連携研究プロジェクト

  • 2016年度
  • お問い合わせ

    和光大学 地域連携研究センター
    TEL:044-989-7478

    このページの先頭へ