ホーム > 図書・情報館について > Let’s Read Project

Let’s Read Project マンガ図書館&明治大学博物館見学ツアー

2010年の夏の見学ツアーは8月9日、9月13日の2回に分かれ、明治大学の米沢嘉博記念図書館(まんがとサブカルチャー)と明治大学博物館の2ヶ所に行ってきました。

「大学が運営している博物館」というテーマと、メンバーも興味関心の高い「まんが」に関連するということで、見学先を決定。2回のツアーで学生メンバー17名とスタッフ4名が参加しました。


米沢嘉博記念図書館

米沢嘉博記念図書館閲覧室 米沢嘉博記念図書館は、まんが評論家であり、同時にまんが界の大イベント「コミックマーケット」準備会前代表として知られる米沢嘉博氏が収集したまんが雑誌・単行本・同人誌・風俗雑誌などが収められています。1F展示室や閲覧室のほか、普段は一般公開されていない閉架書庫も特別に見学させていただきました。
米沢嘉博記念図書館書庫 「同じまんが雑誌でも年代によって表紙に変化がある」といったトリビアや、発売された当時の状態を保つための収蔵の裏話なども伺い、大変濃密な時間となりました。




明治大学博物館

明治大学博物 明治大学博物館では、主に「商品」「刑事」「考古」といった3つの部門に分かれた展示を、学芸員の説明のもと、見学しました。
それぞれ、日本の誇る伝統工芸品や現代までの考古学調査の歴史、日本・西洋における刑罰とその歴史など、特徴ある展示品があり、その迫力に圧倒される一場面もありました。

まんが・サブカルチャーと歴史や考古学にまつわる「正統派」博物館、2つの趣向の異なる施設の見学となり、大変有意義なツアーとなりました。

▲このページの先頭へ


ナビゲーション