« 前のページへ戻る

経済学科 わたしの学び方1

4年 有木 ゆかりさん
東京都・駒場学園高校出身

経済は自分が生きていくうえで、どんな社会にいても絡んでくる問題です。知っていて損はないし、詳しければ大いに役立ちます。1年次向けの「リレー講義」は経済学のさまざまな専門分野の先生が、わかりやすく説明をしてくれます。面白い授業に引き込まれ、最初は難しいと思っていた経済学も、確実に身につけていけるんです。プロゼミでは、株の取引をシュミレーションしてみたり、実践的で良い経験になりました。

3年次には特別聴講制度を利用して1年間沖縄大学へ。和光でも沖縄の歴史や経済を学べますが、実際に現地で暮らしてみると、独特の文化や本土との違いなどを肌で感じることができます。基地、環境などをめぐる社会問題、複雑な社会背景を有する沖縄で、経済学の考え方から社会を見つめる貴重な時間を過ごすことができました。

1〜2年次

リレー講義(経済学の世界)
経済学科スタッフが交替で各自の専門分野を紹介するプログラム。経済学専門分野の面白い部分を堪能しながら、経済学の体系を理解できる。外部講師による経済の現場からの報告も人気です。
外国語 英語中級
この授業では学生の会話能力を成長させるための手助けをしていきます。聞き取りの理解力、語彙の構築、発音やコミュニケーションのとり方などにとくに重点を置いています。

3〜4年次

特別聴講制度(単位互換制度)
協定大学の授業を受講して単位を取得できる制度です。沖縄大学では1年間本学を離れて先方のキャンパスで学ぶことができ、沖縄の経済や歴史、文化を肌で感じとることができます。
経済学史ゼミ
理論・歴史・政策・経済体制などあらゆる角度から資本主義というシステムにメスを入れます。制度面でも人間面でも現状をいかに認識するかが、我々の明日の生き方につながります。

目指す将来沖縄の地域で生きる

沖縄の魅力はなんといっても人と人とのつながりが密なことです。ひとり友達ができるとどんどん人の輪が広がっていきます。温かな人間関係に惹かれ、沖縄の社会、地域とかかわっていける教師になりたいと思っています。基地、観光、環境というさまざまな問題を抱えている沖縄ですが、大学で学んだことは必ず私の力になると思います。

経済学科 わたしの学び方2

4年 武笠 博樹さん
埼玉県・国際学院高校出身

1年次の「ミクロ経済学」では個々の考え方を、「マクロ経済学」では全体のとらえ方を学び、経済の仕組みをとらえる視点を身につけました。その成果もあり、 2年次以降では経済学専門科目を通じて日本経済で実際に起きていることに目を向けるようになり、ニュースを見てもその背景にある実際の社会の動きを考えられるようになりました。中学・高校時代は日本史が暗記科目のように思えて苦手でしたが、大学で経済学に触れ、社会への新たな視点を身につけてから、日本史が面白くなりましたね。

私は教師を志望しているのですが、日本史に興味をもてない生徒の気持ちがよくわかります。そのため教育実習では大学で得た経験を活かして生徒が飽きない授業をするために頑張りました。また、この実習では社会人としてあたりまえの礼儀作法から教師に求められる人間性まで多くを教えられました。

1〜2年次

ミクロ・マクロ経済学
ミクロ経済学では個々の製品やサービスがどのように生産・販売されているのかなどの考え方を、マクロ経済学では一国の経済活動水準がどのように決定されているかなど経済全体のとらえ方を学びます。
教育心理学
発達と教育との間の関係を踏まえたうえで、学校教育の現場で問題となっている、学習障害、注意欠損、広汎性発達障害、いじめなどの問題に焦点をあて、対応策を検討していく授業です。

3〜4年次

地方財政・環境税制
介護、保険、交通、消防、警察、環境保護、水やガスの供給。こうしたサービスを行うために地方自治体はどのような工夫をしているのか。その役割と仕組みを実際に即して学びます。また、ガソリンやガスに税金をかけ二酸化炭素の排出を抑制する「環境税」や、ゴミ収集の有料化で、ゴミ削減を図るなどの国や地方自治体の環境保護や環境改善に向けての取り組みを、世界の事例をまじえて学びます。
日本史概説
中学校および高等学校における日本史教育に必要な基礎知識を身につけることを目的とした授業。通史を踏まえながら、日本および日本人とはなにか、いつごろ、どのようにカタチづくられたかを学びます。

目指す将来地理歴史の高校教師

地理と日本史の高校教師となることが私の目指す夢です。和光大学では教職課程が設けられていて、「中学校教諭1種免許状」と「高等学校教諭1種免許状」を取得可能。近い将来には、社会人として大人として、生徒や親から尊敬される教師となっていきたいです。

ページの先頭へ戻る▲