お知らせ

お知らせ

 

(11/16)大学教育における「海外体験学習」研究会 2013年次 研究大会@和光大学

テーマ「海外体験学習の多様性と可能性―これまでの10年・これからの10年」

趣旨: 本研究会は2004年度から活動を続け、大学教育における海外体験学習の教育目的、内容、評価、危機管理、教職協働など、幅広い課題に取り組んできました。そしてこの間、海外体験学習を教育に取り入れる大学は増加の一途をたどってきました。10年の節目となる本年は、本研究会の設立の経緯やこれまでの年次大会での議論をふりかえりつつ、より多くの大学で海外体験学習が開始された2000年代の流れについて「多様性」というキーワードを用い、その進化をたどります。また、2010年代における海外体験学習を考える際、とくに重要になってくるのは学習プログラムのさらなる質的向上という課題です。そのため、本研究会が今後この課題についてどのように取り組んでいくのか、提案を行うとともに、参加教職員学生の皆さんからのご意見を伺います。

申込み締切延長中

ご好評により、2013年度年次大会の申込締切を延長することになりました。
参加をご希望の方は、コチラをダウンロードし、必要事項を記入の上、大会事務局(kenkyutaikai13@wako.ac.jp)にファイルを添付してお送りください。
※メールに直接、「氏名、所属大学・団体名、部・課・役職名、所在地、TEL&FAX、メールアドレス、懇親会の参加」を明記してくださっても結構です。
開催日当日の和光大学の学バスの時刻表はコチラをご確認ください。
バスは鶴川駅と和光大学の間を結びます。
大会開催時間に合わせて臨時バスも出ますのでご利用ください。

ブログ掲載

‎現代社会学科のブログに「海外体験学習」研究会について掲載しました

 11月16日「大学教育における『海外現場体験学習』研究会」の2013‎年度年次大会のお知らせ
  →https://www.wako.ac.jp/faculty-postgraduate/human/gendai/blog_old/entry/2013/11/07/094800.html
 「海外現場体験学習」研究会、昨年度も参加しました
  →https://www.wako.ac.jp/faculty-postgraduate/human/gendai/blog_old/entry/2013/11/07/121530.html

開催概要

【日程】
   2013年11月16日(土)

【場所】
   和光大学 E棟 1F 101教室
    アクセス:http://www.wako.ac.jp/access/campus.html

【プログラム】(敬称略)
        9:30 受付開始

   10:00-10:30 開会挨拶
             和光大学 学長 伊東 達夫
             和光大学 国際交流センター長 加藤 巌
             司会: ロバート・リケット(和光大学 現代人間学部 現代社会学科 教授)

   10:30-12:30 全体セッション: 「海外体験学習の多様性と可能性これまでの10年・これからの10年」
             発表者: 子島進(東洋大学 国際地域学部 教授 本研究会代表)
                    岡島克樹(大阪大谷大学 人間社会学部 准教授)

   12:30-14:00 昼食(会場校内の食堂利用が可能です)

   14:00-16:00 分科会セッション(参加者は3会場に分かれます)
             本研究会は、これまでの研究大会同様、参加教職員のキャパシティビルディングと異なる大学に所属する
             学生間の学びを重視し、本年は以下のような分科会を開催します。

             分科会1: 「リスクマネジメントと学内体制」(J棟201教室)
             発表: 片山歩(大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任事務職員)
             進行: 齋藤百合子(明治学院大学 国際学部 准教授)
                  黒沼敦子(国際基督教大学 サービス・ラーニング・センター コーディネーター/講師)

             分科会2: 「学習プログラムの形成」(J棟204教室)
             発表: 梅村尚子(広島大学 教育・国際室国際交流グループ 研究員)
                  和栗百恵(福岡女子大 国際文理学部 准教授)
             進行: 箕曲在弘(東洋大学 社会学部 助教)

             分科会3: 学生セッション「海外体験学習で何が変わったか?」(J棟103教室)
             発表者: 大阪大谷大学、東京国際大学、東洋大学、明治学院大学、和光大学 学生
             進行: 岡島克樹(大阪大谷大学 人間社会学部 准教授)
                  ロバート・リケット(和光大学 現代人間学部 現代社会学科 教授)

   16:10-16:40 全体セッション: 各分科会からの報告とまとめ(E棟101教室)
             進行: 本研究会代表 子島進

   17:00-18:30 懇親会(E棟 コンベンションホール)※希望者のみ懇親会

【大会参加費】
   参加費: 2,000円(大会準備・進行、資料代等 ※学生は参加費無料)
   懇親会費: 2,000円(※希望者のみ ※学生は、500円)
     ※懇親会でのアルコール飲料の提供はございません。
     ※参加費、懇親会費(希望者のみ)は、当日受付でお納めください。懇親会の当日キャンセルは固くお断り申し上げます。

主催:大学教育における「現場体験学習」研究会 (JOELN http://joeln.jp/service.html

共催:和光大学 現代社会学科 

後援:和光大学 国際交流センター

お問い合わせ

本大会の開催概要については、コチラ PDFファイルからもご確認できます。

2013年次大会に参加される方は、コチラ ワードファイルをダウンロードしてください。

本件に関するお申込み・ご質問などは、和光大学大会事務局(kenkyutaikai13@wako.ac.jp)までお願いします。

このページの先頭へ