お知らせ

お知らせ

 

(2/16)ポスト原発時代を生きる@和光大学~福島・六ヶ所の現場から~

 1960年代以来、60か所以上の「僻地」が原子力発電所などの核関連施設の立地候補地として検討されてきたが、大多数の地域はこれを退けてきた。最終的に17か所が原発およびその関連施設を受け入れることにした。
 後者に属するものとして、福島第一原子力発電所は1971年から運転が開始され、また青森県六ヶ所村では、20年後の1993年から日本初の核燃料再処理工場の建設が進められるようになった。
 本企画は、福島第一原発と六ヶ所村再処理施設という現在の日本の原子力政策を表象する原子力施設の現場の現状を共有し、ポスト原発時代への諸課題を検討する。

【上映会&シンポジウム】ポスト原発時代を生きる@和光大学~福島・六ヶ所の現場から~

【日 程】
  2014年 2月 16日(日)

【時 間】
  14:00~18:00(受付・開場 13:30)

【場 所】
  和光大学ポプリホール鶴川 3F 多目的室
  (※和光大学ではなく、鶴川駅前の建物です)

【内 容】
  14:00~ 上映会『福島 六ヶ所 未来への伝言』
  16:00~ シンポジウム「ポスト原発時代を生きる」
    パネリスト 島田 恵 氏(映画監督、フォトジャーナリスト)
           武藤 類子氏(福島原発告訴団団長、和光大学卒業生)         
    司会    杉浦 郁子(和光大学教員)

【主 催】
  和光大学有志と和光大学総合文化研究所
  川崎市教育委員会連携事業

【賛 同】
  原発事故を考える町田市民の会

【その他】
  事前申込不要・入場無料、どなたでも参加可能です。
  会場定員90名・先着順

【チラシ】
  チラシ1 PDFファイルチラシ2 PDFファイル

ポスト原発時代を生きる@和光大学~福島・六ヶ所の現場から~  ポスト原発時代を生きる@和光大学~福島・六ヶ所の現場から~

お問い合わせ

和光大学 企画室 学術振興係
 TEL: 044-989-7497
 E-Mail: shinkou@wako.ac.jp

このページの先頭へ